• 確かに....

    この胸が痛んだから 確かに私は 君を失ったのだろう あの時のように君の姿を 今も見ているから 確かに私は 君を失ってはいないのだろう 君は確かに 遥か遠くにいるけれど 君は確かに 過去と現在の重なるところで 光と影が重なるところで 本物は私に見えないけれど 私に全てを見せてくれる この瞳のように 常に私に寄り添っている

  • 明日も

    わたしに 明日生きることが許されているなら 明日もまた 君を想っているだろう

  • 在るということ

    空は眺められずとも 君に逢えずとも わたしの宇宙に既に在る

  • 相対性理論

    僕と君は生きている時間が異なる。 かの科学者は相対性理論を提唱し 互いの生きている空間から見た事象の捉え方を理論化した。 僕から見たら君の生き方ははるかに早くて まるで追いつけないように生きている。 でも当の君からしたら全くそんなことなくて むしろ僕の方が先に進んでいるんだって言ってた。 いや、僕自身の中の時間も異なるんじゃないかって思った。 僕にとっての1秒と 陸上選手にとっての1秒は 同じ1秒