• spring season

    「クマのぬいぐるみがかわいいですね。」 僕は勇気を出して、声を掛ける。 「そうなんですよ。」 君が笑顔で返事をくれたから、僕の心は満たされた。 「君の名は?」 愛くるしい君の笑顔が見たくて、 僕は必死で、ほんと必死に言葉を探す。 そんな僕を見透かしたかの様に、笑顔で答えてくれる。君は本当の天使かい? 描いた夢を形にする、明日が待ち遠しくて、 君が輝く、未来が愛しくて胸が熱くなる。 あの花が咲く日を

  • 大陸移動説

    君の星から放たれた光が今ここへ届く 僕の星から放たれた光はいつ君の元へ届くのだろう ずっと眠ったままの君の心が目覚めたら 僕の身体は冷えるのさ そうして次に目覚めたら世界はきっと変わりだす あの星の光はきっと世界の裏へと届くから

  • 相対性理論

    僕と君は生きている時間が異なる。 かの科学者は相対性理論を提唱し 互いの生きている空間から見た事象の捉え方を理論化した。 僕から見たら君の生き方ははるかに早くて まるで追いつけないように生きている。 でも当の君からしたら全くそんなことなくて むしろ僕の方が先に進んでいるんだって言ってた。 いや、僕自身の中の時間も異なるんじゃないかって思った。 僕にとっての1秒と 陸上選手にとっての1秒は 同じ1秒