• 「五輪書」宮本武蔵 岩波文庫 

    日本一の剣豪として知られる宮本武蔵が、その自分の剣術の腕前の拠って来たる所以を書き著したのが本書です。武蔵はここで、「仏法儒道の古語をも借らず」つまり、伝統の力を借りないで、書物を著そうと企てています。こうした試みは、まず無惨な失敗に終わることが通例ですが、武蔵の場合は、少なくともその独創的な思想のデッサンは鮮やかに成功した数少ない例の一つです。武蔵の思想に「器用」と「勝つ」の二つがあります。器用

  • 父の教え、「一度はチャレンジ」

    昨日は、父の病院に行き、身の回りのお世話。 父は、管が取れたこともあり、上機嫌。 病院着を脱ぎ、お着替えを始めた………「ちょっと家に帰る!」って。。。 「先生に聞いたの?外出していいの?1月中旬に外出出来るって聞いてるよー。まだ、無理だと思うよ。」って、私。 「ちょっとだけだからいいんだ!」って、勝手な言い分の父。 あー始まった!言い出したら聞かない父。 「看護師さんに聞いて、いいって言ったらね。

  • ルアーを製作してみる

    ちょっと時間出来たので、小学5年生の頃製作したルアーを作ってみます。 カッターで削ります。 サク サク サク う~ん俺って器用だな。 サク サク サク う~ん良いね良いね。 サク サク サク グサッ うぉ~カッターがぁ~⤵ 痛々しい❗ 昔もこのルアー作っていて、Lカッターが刺さり5針縫いました。 医者に縫う時痛いと訴えたら、僕は麻酔もせずに切ったんでしょうと❗ そりゃ切ったけど狙って切って無いから