• 自論が強い子2

    小学校高学年。 男子から意地悪的なちょっかいを掛けられるようになる。 歩いてる所にいきなり足を出されて転ばされるとか、 後ろからいきなりど突かれるとか、 相手はふざけて遊んでるのだろうが状況的にはとても危険。 言い返したり、やり返すと何倍にも返ってくるので それこそが煩わしくて面倒になった息子は黙って我慢。 それをいいことにまたちょっかいを出される。 普段はひたすら耐えて我慢をしている息子だが、

  • 自論が強い子

    幼稚園時代から、クラスの中では大人っぽい子だった。 人気のあるおもちゃや、遊具。 横入りしてブン取る力付くの子。 大泣きして欲しいと訴える子。 そんな中、息子は話をすると『我慢』のできる子だった。 でも、”自分は悪くない”ってことには、絶対に謝らない子でもあった。 幼稚園でのお約束。 喧嘩になったらお互いに「ごめんなさい」をして仲直り。 息子は、断じてこれに従わなかった。 確かに、喧嘩の原因はお友