• <団地応援隊・No28~あじさい弁当>

    今日は、毎月一度恒例のお弁当シリーズ・・ 今月は季節の花、アジサイを模した<あじさい弁当> 50食が早々に完売・スタッフたちは、寺田団地に移動・ 寺田では法政大学の学生によるイベントが開催されている。 メールで招待されていたので行く予定だったが・会報の印刷が遅れて午前中にずれ込み・折込みをして夕方から配布なので・・残念ながら断念 なずな句会 作品    紫陽花や  向かう三軒  つつがなく

  • <不思議な要望書?>

    昨日の役員会で、団地内で活動しているグループからの<要望書>を議論した。 トップの会長名が間違っている。 関係者たちが、点検しなかったのか考えられないミスで失敬な事だ。 先月の総会でも、同様な意見が出たが・自治会の立場として会員や住民の意見(アンケート実施)を、把握していないので回答はできない。 ただし反対はしない。 ご承知の通り以下の文章も・・過去に全所帯に配布されたチラシの記事が書かれている。

  • 団地応援隊・NO26~お花見弁当>

    月1回・応援隊が提供している季節のお弁当、今月は<お花見弁当>でした。 縁側(自治会事務所)で、コーヒーを飲みながら歓談中・老人会の先輩が食事中・ 美味しそうな弁当・・食べてるね・声をかけると・・ もう食事終わったの・弁当食べた!・・ 今日は.応援隊の弁当販売日・・慌てて隣のふらっと相談室まで飛んでった。 危ういところで・50食限定・・数個しか残っていなかった。 包装紙には、毎月恒例の・・ なずな

  • <団地応援隊・NO26~お雛さま弁当>

    今日は、打ち合わせで遅くなり・><・おひな様弁当>を最後の最後にゲットした。 今日は穏やかな春の日・・桃の節句を祝っている。 <なずな句会>  男の子  かしこまりたる  ひなまつり いつもながら素敵な字で・・ 美味しくいただきました。

  • <団地応援隊・NO24~恵方巻>

    TVを見ると全国の知名神社で・節分の豆まきが開催されている。 いつから始まったのか記憶にはないが節分の<恵方巻>が、年々豪華になり種類も増えtれいる。 応援隊の今月の弁当は<恵方巻>1本100円・・美味しくいただきました。 毎月恒例の包装紙には・素敵な文字で・・ <なずな句会>・・今日よりも 明日がいいぞ 日脚伸ぶ 今年の方角は<南南東・己の刻>・辰年の最後の辰の日(12月27日)生まれも小生が先

  • <正月弁当>

    松の内から・団地応援隊恒例の弁当が提供されました。  小生大好きの<お赤飯・・>美味しくいただきました。  今月は正月休みのためか<句会の句>が省略されていた。  今朝ほど主催者がフェイスブックに投稿していた・・、  新春散歩: 南浅川が枯れてしまい小さなせせらぎとなっていました。  浅川の瀬音のありて去年今年     

  • <団地応援隊NO22~クリスマス弁当>

    土曜日が休みのふらっと相談室が開いていた。  覗いてみると・袋が3個残っている。 うっかりして忘れいたが・・今年最後の応援隊のお弁当 をゲットした。  毎月しゃれた掛紙に包まれて・・  なずな句会・・   弁当の  掛紙うたふ  クリスマス

  • <団地応援隊・NO21~もみじ弁当>

       なずな句会  <日のもみじ 影のもみじや 仁王門>  毎月恒例の<応援隊の弁当>を、ゲットした。    時間も早かったので(11時頃)チラシ配りを終えてから食しました。 お天気も良く・多くの住民が出て来ていて<縁側>も混雑・コーヒーを飲みそこなった。  最近転出が多いが、近所の4階に新しい方が引っ越してこられた。

  • <団地応援隊・NO20~ 弁当>

    早朝から小雨交じりの寒い日ですが・・毎月恒例の<団地応援隊・お母さま軍団>特製の弁当 をゲットするのに出かけた。・・ <縁側>で大勢の住民と美味しくいただきました・・まw理の話を聞いていると・・ ● 味付けはよいが煮物が細かすぎて・スプーンでないと食べられない・・ ● デイサービスの食事では<誤嚥防止>でこのくらい細かくするらしい・・ *  なずな句会・・  ひたすらに 生きて長寿や 今日の月 い

  • < お月見弁当>

    毎月恒例の<団地応援隊>の お母さま軍団特製の弁当 ¥300円をゲット・・ <縁側>で大勢の住民と美味しくいただきました。   なずな句会・・ ゆらゆらと  名月映す  山の風呂 いつもながら・優しい筆使い・・ うさぎ?が2羽・月見をしています。

  • <団地応援隊NO18~七夕弁当>

    昼飯は、団地応援隊のお母さん部隊特注の<七夕弁当>・・300円寄付  月に1度季節に合わせて工夫された食材で色合いも良く好評です。 いつもながら達筆で・・<短冊の 願ひいっぱい 星まつり>  今日も美味しくいただきました・・・ご馳走様でした・・

  • <団地応援隊・NO15~あじさい弁当>

      <今日の昼食>300円寄付  <厚焼き玉子~カボチャ~ピーマン他> <あぢさゐの  花芽ふくらむ  雨あがり>  今月も<応援隊の弁当>を、いただきました・・ 午後は<早稲田大学の学生と>交流会がありました・・ * 団地の皆さんと話しましょう・・みんなで食事をしながら日頃団地応援隊や農園ボランティア等地域で活動されている方を中心に 小生の孫世代の学生さん達・・我が家は外孫なので・通常は、会話が

  • <団地応援隊・NO14~こいのぼり弁当>

       <水に影  うつして千の 鯉幟 >    <エビが刺されいます> 当地は朝からの小雨で、昨日より気温も10度低い・肌寒い・・ 昨年スーパーの閉店で、<買物難民>解消に・有志が集まって構成された<団地応援隊>は、・・毎月1回の<お弁当>を、提供しています。  今月は<こいのぼり弁当>・・1個~300円(寄付)  彩も美しく・食べるのが惜しいくらい・・慌てて写真に収めました。  <説明文から> 

  • <団地応援隊・NO15~お花見弁当>

    12時前・縁側に行くと女性軍が大勢で弁当を食している。  美味しそうだな・・と声をかけると今日は<月一の弁当の日>だよ・・ 急いでふらっとカフェを覗いたら<お弁当>が若干残っていた・・  ご飯は、鯛の香りが充満・・おかずも美味しい・・ 応援隊のお母さんたちの愛情のこもった弁当・・今日の寄付金は300円也・・ 素敵な文字で・・<桜咲く  ひとり ひとりの ために 咲く>

  • <団地応援隊・NO14~ちらし寿司>

                       <雛あられ~ちらし寿司>    <包装紙・折り紙のご両人>   <色取りも豊かです> 毎月一度<応援隊の手作り弁当>が、復活しました。  今月は、ひな祭りを祝して・・<雛あられ付き~ちらし寿司>  11時30分より販売開始・・整骨院で治療していると売り切れそうなので早々にゲットした。  予想通り12時を回ってから再訪すると<売り切れ>・・ 包装紙には <良きも

  • <団地応援隊・NO13~お弁当づくり>

    ふらっと相談室に立ち寄ると・・隊員たちが、あなたを待ってたのよ・丁度良かった <企画書>を、示されながら・<恵方巻>食べた?・・ 小生~ 意味が分からなかった? 食べていないよ・・ 先日、隊員有志たちで、手作りの<恵方巻>を、提供したそうです。  食した方から丁寧な<礼状>が届いていた・美味しくいただき、主人共々も感謝しています。 短い文章の中に、熱いものを、感じて感激しました・. 涙が出そうと言

  • <団地応援隊・NO12・慰労会>

    8月末<スーパー>の閉店に伴い・・急遽有志で結成された<応援隊おむすび弁当>も、後継の<スーパー>の開店で終わりました。     活動に協力していただいた30数名の隊員で<慰労会>を行うことにしました・・ 所用で参加された方数名を除き20数人が参加される予定です・・ 近隣で<飲み放題で廉価の店・・>を、探して、高尾駅南口の<千年の宴>で開催・・ 午前中<診療所>の帰りに、隣のビル3F<千年の宴>を

  • <団地応援隊NO11・おむすび弁当終了>

             <応援隊メンバー・・所用で欠席者がいます>..                    <11月25日・最後のおむすび弁当>   <スーパー>の閉店で始まった<おむすび弁当>は、<後継のスーパー>が、明日開店するので予定通り今日で終わりになりました。  <応援隊の女性軍>の活躍で、3か月多くの方に手伝っていただきました。  おふくろの味~古郷の味・・多分家庭のにおいがするのが好評の

  • <団地応援隊・NO10・全員平等・・>

           <11月14日>    <11月18日> 館ヶ丘暖地内の<スーパー閉店>で、<買い物難民対策>で急遽編成された<団地応援隊の・おにぎり弁当>は、25日に終了します。 3か月間協力くださった・・隊員の皆様方に感謝しています。  今後は、どのような形で継続するかは・・模索中ですが 12月初旬に、関係者一同で<慰労会>を、開催することにした・・ 昨日は主席者が少なかったが全員一致で合意した

  • <団地応援隊NO9>

        <11月9日>    <11月11日> 八王子市郊外UR館ヶ丘団地は2200所帯余り3400人が居住しています。  高齢化率も50%を超え・うち後期高齢者が50%です。  8月末に40年間営業していた<スーパー>が営業不振で閉店になりました。 シャッター商店街では、代わりの店舗もないので<買物難民>になった多くの住民は、路線バスを利用して高尾駅方面に出かけています。  住民の中には歩行が不

1 2