• 時代は変わった~国立・私立医学部の見方

    国立医学部で地域枠がどんどん採用され、また、私立医学部で学費の値下げが始まる前、つまりおよそ数年前から比較すると、国立・私立の状況が随分変わってきましたね。 私立医学部は庶民にとっては高嶺の花だと称され、実際、国立受験組と私立受験組ははっきりと分かれていました。 今のように併願は少なかったように思います。 私が高校生のときも、私立医学部に合格した先輩のことを聞いて、「金持ちだなあ。」とは思いました

  • 私立医学部・自宅と国立医学部・アパート暮らしの費用

    安めの私立医学部に自宅から通う場合は、学費2000万円、交通費等もろもろに100万円~200万円ぐらいでしょうか。 対して国立医学部に進学しアパート暮らしをすると、学費は350万円位ですが、生活費が1000万円ほど。 それぞれその他に教科書代とかもろもろかかりますが、面倒なので計算しません。 こうして比較するとそこそこは違います。 息子の場合は、無理をすれば通えなくもないのですが、早いうちから自立