• IOTは脱中央であるはず。Scholarは宣言します。

    倉敷星稜高校の修学旅行、東京へ出向きプログラミングの体験学習をしているのを見て(+_+)。引率の先生曰く「東京でないと経験できない。」二度(+_+)。テレビニュースである。先方も昼間需要が出来て喜んでいた。 IOTは、インターネットと電気機器が全てリンクし、人工知能・プログラミングとセンサーによって人々の生活環境が激変する世界規模のイノベーションだ。すぐそこまで来ている。先導するアメリカ、追う中国

  • 玉野市と三井造船に敬意  新学科増設

    玉野市は、三井造船と協業して造船業を核とした産業人材の育成に乗り出す。既存の商業高等学校を改編し、「市立玉野商工高等学校」とする。造船の事業所内に実習施設が設置され、最新鋭の造船技術と接することができる。さらに、事業所のエンジニアから様々な技術の伝承も可能となり、地域に根付くエンジニアの養成が実現する。 笠岡工業高等学校でも、社会資本である橋梁の点検実習を実施し、地域の安全に寄与する人材の育成に務

  • オリンピック景気とは 途上国の話

    東京オリンピックと東日本復興の建設需要をまかなう土木、建設エンジニアがいない。 東北地区では、関東の年収を1~2百万上回るとか。 ここにきて、人手不足でオリンピック前の建設計画が実施困難になっている。マンションやビル建設は、五輪以降に計画を先延ばししている。従って、日本の中心部の成長は鈍化している。設備投資は停滞するのだ。 国策としてオリンピックを東京に誘導した政治家の政治センスの無さを痛感する。

  • 科学技術と地方創生 岡山理科大やるじゃない

    岡山理科大学と新見市とワイン製造販売企業が、連携して「ワイン発酵科学センター」や「ブドウ栽培実験場」を運営するとのこと。 多くのワイン醸造家を輩出すると思うと、我がことのように喜ばしい。 瀬戸内は、日本の地中海。すばらしいアイデアだと思う。 南欧の事業主は、自身のワイナリーを持つと一流との評価が伴うとか。文化でもある。 先日、岡山大学光合成研究部門が、光合成による水の分解のメカニズムを解明したとの

  • まじめに地方創生をするなら・・・

    科学教育と歴史教育に尽きると考えます。 イスラエルという国をご存知でしょうか? 面積は日本の四国程度。人口818万人。 ちなみに、日本の中国地方5県の人口は756万人です。 最近、NHKスペシャル「車の自動運転システム」で、知覚センサー技術でトップシェアを誇る企業が紹介されていました。NASDAQ上場企業数は、米国に次いで2位です。特にセキュリティーと軍事分野が有名です。CGやWebにも強みを発揮