• 壽屋 アーマードコアV UCR-10/L アグニ その7

    こんにちは。 ようやくまとまった時間がとれたのでチッピングとウェザリングをやっていきます。 まず余剰パーツを使って練習してみました。 キッチン用スポンジを適当に切り取って使用します。 本体はアクリル塗料で塗装しているので、チッピングにはエナメル塗料を使用します。 アクリルの塗装面に対してエナメル塗料を使用しても、溶剤によってアクリル塗装部分の色が落ちたりしないからです。 チッピングの作業でエナメル

  • 壽屋 アーマードコアV UCR-10/L アグニ その6

    こんばんは。 アグニのキット自体は完成しましたので、チッピングやオーバードウェポン製作前に 写真を載せたいと思います。 全体像と各部位のアップです。枚数が多いので注意してください。 まず全体像です。 次にアップです。 アップで見てみるとかなーり粗が目立ちますね。 マットブラックの乗りが非常に悪くてちらほら塗装がうまくいっておりません。 オーバードウェポンもマットブラックをメインカラーに使いますので

  • 壽屋 アーマードコアV UCR-10/L アグニ その5

    こんばんは。 武器類の製作を始めていきます。 と、その前に 作業机の整理が終わったのでまずそれから。 缶スプレーをラックに移動させたおかげでだいぶ広くなりました。 テーブルに乗せてみると、乾燥機も結構大きいです。 これのおかげで塗料をどかすことになったのですが(^_^;) さて、いつも通りまずは塗装からです。 サフ吹き→塗装→乾燥機へ突っ込む これの繰り返しです。 マットブラックがなかなか思うよう

  • 壽屋 アーマードコアV UCR-10/L アグニ その4

    こんにちは。 前回の続きです。 下半身パーツの塗装から始めます。 正直、腕のときとやってること変わらないんですよね(笑) ひたすら塗装! 塗装!塗装! そして乾いたら組み立てです。 ふくらはぎの部分はシルバーで塗装した後にモールドを墨入れしております。 これが一昨日〜昨日までの作業です。 で、今日はドライブースを使用しながら左足のほうを塗装して組み立てるわけですが・・・ 捗りすぎてヤバいです。 3

  • 壽屋 アーマードコアV UCR-10/L アグニ その3

    こんにちは。 腕部の塗装が乾きましたので、組み立てていきます。 ポリパーツが主なガンプラと違って、可動部のABSパーツは結構ギチギチで 無理に可動させようとすると折れそうになります。 更に下塗りのプライマーが摩擦を大きくしているようです。 棒状の凸部を凹部に差し込む形になっているので、凸部を少しヤスリ掛けして解消しました。 下塗りの際は関節の接合部はマスキングしたほうがいいかもしれません。 右腕

  • 壽屋 アーマードコアV UCR-10/L アグニ その2

    本日は塗装したコア(胴体部分)の組み立てと腕の部分塗装を行います。 早速乾いたコアパーツを組み立て Before after ツヤが無くなるだけでだいぶ重厚感が増した気がします。 写真ではよくわかりませんが、メインカラーにTS-40メタリックブラック サブカラーにTS-6マットブラック、TS-38ガンメタルを使用しています。 さて、次は腕ですが コアパーツと違ってABS樹脂のパーツが半分近くを占め

  • 武蔵建造予定でしたが

    気分転換を兼ねて、前から作りたかったこれが届きましたので 先に製作します。 壽屋 アーマード・コアV UCR-10L AGNI です。 本当はヴェンジェンスのほうが欲しかったのですが 定価9000円弱なのに対し、19800円という転売価格でしか手に入らなそうなので こちらにしました。 アグニにオーバードウェポンは付いていないので、そちらも購入。 本体よりデカいんですが・・・・ これは作りごたえがあ