• ぞうさん

    子供がまだ小さい頃。 子供たちは主人と一緒に。 お風呂に入っていました。 その時間に私は夕飯作りです。 すぐに子供を迎えに行けるように。 脱衣所のドアは開けたままでした。 その時に聞こえてくる。 主人と子供の童謡が。 当時の私の。 最高の癒しでしたね。 『ぞ~ぉさん♪  ぞ~ぉさん♪  お~はなが長いのねっ♪』 それはそれは。 可愛かったものです。 子供はもちろんなんですけどね。 昔やんちゃだった

  • 夕飯作り

    いつもは。 5時過ぎに夕飯作りを始める。 でも。 ここ最近は。 4時過ぎに夕飯作りを始める。 それも。 少しだけ多めに。 うちを囲むご近所には。 老夫婦しかいない。 斜めお向かいの浅田さんは。 80を超えた。 おばあさん独り。 いつも夕方に。 うちのおばあちゃんの所へ。 遊びに来る。 いつも同じことを。 何回も何回も言うと。 ご近所でも噂の人。 覚えていないことも多い。 旦那さんが亡くなってから。