• 未来旅行 夢の入口

    ゆっくりと私が先頭に立ち桃の山の入り口へと向かった。 入り口は四年前とまったく変わらない今でも倒れそうな小屋だった。 まるで変わってない状態に安心感を覚えた・・・変わってるとすれば前回はちょっぴり寒い雨上がり・・・本日は快晴の天候である。 この桃山は町の補助もあるみたいだが、山のオーナーが個人で開いている施設である。 派手な看板などはなく、すべてが手づくり感いっぱいで、ほのぼのとした気持ちになれた