• 大谷資料館(後篇)       訪問日2016年5月18日

    前回、大谷死霊館の展示室について説明しましたが、今回はいよいよ地下坑内へと探険してみたいと思います。 展示室を出た我々は、受付のあるロビーへ戻ります。 そこには地下坑内で撮影された映画のポスターが貼られていました。 やはりホラー系が多いですね・・・ やはりこの場所が発する負のオーラや、『もしかしたら本気モンの幽霊が写るんじゃね?』という映画監督の思惑があるのでしょうか?。 これから豚耳が恐怖の伝説

  • 大谷資料館(前篇)       訪問日2016年5月18日

    大谷公園を堪能した豚耳一行は、更なる七不思議スポットに向かって足を進めます。 さすが大谷石の街だけあって、住宅も木造や鉄筋コンクリートの住居以外ほとんどの家が大谷石で作られているのです。 見た目のイメージでは、夏涼しく冬冷たいという、まさにクーラーいらずの究極のエコハウスと言えるでしょう。 ログハウスに変わる新しいトレンドになるかもしれませんね。 この中に爆弾岩が隠れているのかもしれません、メガン

  • 大谷公園            訪問日2016年5月18日

    最近は外国人のトラベラー達のあいだで、栃木がブームになりつつあるようです。 栃木の有名観光地としては古くから、日光や那須が有名ですが、最近では足利市にあるフラワーパークが新たな観光スポットとして注目されているそうです。 そんなニュースを聞いて、自称宇都宮の正統派ブロガーとして、この状況をだまって見過ごす訳にはいきません。 『このブームに乗り遅れるわけにはいけない』 てなわけでここまで全くのボケなし