• 教育の基本 16  身近な問題を関連付けて

     過労死問題、天下り問題、談合問題など現在の政治体制に直接かかわる問題に「何故だ。」と疑問をぶつけていこう。すると、政治・経済の問題点がよく見えて来る。  今、働く者を支える組織が壊滅状態になった。労働組合が機能しない。かつて厳しく監視してきた労働組合は、政治体制に監視しつづけられあらゆる攻撃を受けて無力化されてきた歴史がある。  このような攻撃は当然と言えば当然の行動である。  政治体制の現状維

  • 疑惑だらけ!

    天下り疑惑、日報隠蔽疑惑、豊洲移転不正疑惑、森友学園寄付金疑惑、幼稚園・保育園虐待疑惑、粉飾決算疑惑、芸能人薬物疑惑、消えた年金疑惑。 北朝鮮による金正男殺害疑惑、トランプ盗聴疑惑、プーチン影武者疑惑。 覚えておりません、記憶にございませんと、藪の中に真実を封じ込め、疑惑は疑惑のまま。 疑惑だらけの世界で、飛び交うフェイクニュース、ポストトゥルースの世界で、書き出せばきりがない疑惑。もしかしたら、

  • 「名こそ惜しけれ」その2

    著書『この国のかたち』で,近代日本の国家的発展を支えた精神構造のルーツを坂東武者に求めたのは司馬遼太郎だった。彼は、「はずかしいことをするな」という坂東武者の精神は日本の非貴族階級につよい影響をあたえ、一部のすがすがしい日本人の中で今も生きていると指摘した。 事実、明治維新以降、欧米列強のアジア植民地化は熾烈を極めた。脆弱な国家体制の日本を救ったのは、郷士や下級武士だった階層の滅私奉公であった。彼