• ①-1 真の自分を探しましょう(女性修) 1993.12.19

    ①-1 真の自分を探しましょう(女性修) 1993.12.19  1993年12月19日 韓国・済州研修院 「女の子」とは  みんなどこから来ましたか? (さまざまに答える)時間がないから始めます。(先生が黒板に題目を書かれる)何と読みますか? (真の自分を探しましょう)。これは、真の自分をどこかで失ったという話です。どこで失ったかという、それが問題です。そうなると、失った所を知らないし、失った時

  • ①-2 真の自分を探しましょう(女性修) 1993.12.19

    ①-2 真の自分を探しましょう(女性修) 1993.12.19 再創造の公式  きょうの題目は何ですか? (真の自分を探しましょう)。みんな、こういうように、結局は世界が悪いというのですが、日本はどうですか? 日本は悪い国ですか、良い国ですか? (悪い国です)。日本が悪い国だったら、ここに集まっている日本の女はどうですか? (悪い女です)。悪い女は天国に行きますか、地獄に行きますか? (地獄です)

  • ②蕩減復帰の峠を越えましょう(女性修練会) 1993.12.20

    ②蕩減復帰の峠を越えましょう(女性修練会) 1993.12.20  1993年12月20日 韓国・済州研修院 旧約時代、新約時代、成約時代の目的  聖書では、「再び蘇るという」ことをいっているのです。再び生まれなければなりません。それで、イエス様にニコデモが夜に訪問して尋ねました。「いかにすれば救われますか?」と。その時、イエス様は「再び生まれ変わらなければ、それは救われません」と言いました。それ

  • ③真の父母と重生 (女性修練会) 1993.12.20

    ③真の父母と重生 (女性修練会) 1993.12.20 韓国・済州研修院 神の創造の全体的目的  真の父母と重生という問題ですが、真の父母という名前は、いつから始まったと思いますか? 一九九三年ですか? 統一教会の発表では、そういうふうになっているかもしれません。統一教会を中心として真の父母という名前は、統一教会によって(始まったの)ではなく、先生によって始まったのです。言葉の発表はそうですが、言

  • ④氏族メシヤ  (女性修) 1993.12.20

    ④氏族メシヤ  (女性修)  1993.12.20  1993年12月20日 韓国・済州研修院 神の願いは親を訪ねていくこと  エバは、真の父の話を絶対(視して)聞けばいいのです。(はい)。今、あなたたちの使命を先生がやっているのです。先生が乗っ取って蕩減復帰したので、先生が言うとおりにやるのです。五万人、まずもって完了しました。それは誰も信じませんでした。分かりましたか? 先生が言うのだから、や

  • ⑤四大心情圏と三大王権  (女性修) 1993.12.21

    ⑤四大心情圏と三大王権  (女性修)  1993.12.21  1993年12月21日 韓国・済州研修院 四大心情圏についての公式的な骨子  四大心情圏について話しましたか? (まだです)。チョークは? (先生が題目を板書される)。これは、何と読みますか? (四大心情圏と三大王権)。何の意味ですか?  周藤君。(はい)。四大心情圏について、ちょっと話してください。公式的な、骨子だけです。(はい)。

  • ⑥-1 現地の整備  (女性修) 1993.12.21

    ⑥-1 現地の整備  (女性修) 1993.12.21  1993年12月21日 韓国・済州研修院 絶対信念、絶対信仰に立つ  きょうで最後ですから、こういうような仕上げをしておかないと霊界も整頓されないのです。地上の事情を整理しなければならないのです。  結論として先生が一言残したいことは、精誠を尽くして、真なるものを植えた場合には、その結果がどうなるかというと、それは間違いなく世界中のどこでで

  • ⑥-2 現地の整備   (女性修) 1993.12.21  1993年12月21日 韓国・済州研修院

    ⑥-2 現地の整備   (女性修) 1993.12.21  1993年12月21日 韓国・済州研修院 繁栄と天国に通じる道  先生は結婚生活の美術化、芸術化のことを言っているのです。「芸術的な結婚生活、美術的な結婚生活をしなさい」と言うのです。女が結婚するのは、愛を受けるためだというのですが、そうではありません。女は、家庭においては、愛の女王様です。この前は、女は空き箱だと言ったね。女は何も持って

  • お父様を求める道(子鹿様への返信)

    子鹿様からいただいたコメントへの返信です。 子鹿様)正直なところ、今まで、統一食口として捉えていた信仰観と亨進様の信仰観との間に、大きな飛躍を感じております。 私)コメントありがとうございます。これまでに亨進王様から学んだことですが、ご聖和後の私達は、一人一人がお父様を求め、お父様を讃え、お父様の直接主管を受けながら信仰生活を営む努力をすることが重要だと思います。 「私達に必要なのは、宗教ではなく

  • 天聖経(マタイ第10章 ただで与えたのだからただであげなさい)

    第 10 章 1 そこで、イエスは十二弟子を呼び寄せて、汚れた霊を追い出し、あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやす権威をお授けになった。 2 十二使徒の名は、次のとおりである。まずペテロと呼ばれたシモンとその兄弟アンデレ、それからゼベダイの子ヤコブとその兄弟ヨハネ、 3 ピリポとバルトロマイ、トマスと取税人マタイ、アルパヨの子ヤコブとタダイ、 4 熱心党のシモンとイスカリオテのユダ。このユダはイエ

  • 「天聖経」を高額で売る 「文鮮明先生み言葉選集」287巻 334巻 349巻 383巻 387巻 410巻 455巻 476巻 484巻

    (「文鮮明先生み言葉選集287巻」より) 『祝福基金(※祝福献金)を払わないで偽の祝福を受けて、どのように霊界の自分の先祖たちを祝福できますか。 本来は自分の先祖まで祝福基金(※祝福献金)を支払えば祝福できるというのです。祝福基金(※祝福献金)を払わないでタダで祝福を受ければ先祖が来ることができないことを知らなければいけません。』 『先祖解怨役事は祝福献金を完納していない者は、条件的に塞がるような

  • ●○●お父様、「天聖経販売は幹部達の詐欺である」ことを知っていた。(「ちゃぬの裏韓国日記」の解釈はでたらめ)

    前々回、約束した「聖本を3000万円で売りなさい」の応用編は次回です。 今回は、(「文鮮明先生み言葉選集」455巻)の解釈です。 「ちゃぬの裏韓国日記」がでたらめに解釈作文をしていることをあなたの目で確認してください。 ーーーーー ①「聖本、天聖経は売ってはならない」・・・・これが天の絶対基準です。 ーーーーー (「文鮮明先生み言葉選集」383巻より) 『・・・また、定めてない人には価格もなしに与

  • ●○●お父様、人類史上最大の詐欺師か??「何でもっと高い値段で売らないのか??」

    (仮)天一国幹部昇級試験の最終的な答えをアップする前に、私の所感をアップしました。 皆さんは、聖本、天聖経に破格的な値段が付いたことはどう思っているのでしょうか?? 誰もが、間違っていると応えるでしょう・・・。 でも、お父様は「何でもっと高い値段で売らないのか??」と発破をかているみ言葉が残っているのです。どう理解すればいいのでしょうか?? 必要経費を無視して利益を上げることを目的とした値段を付け

  • ●○●(仮)統一教会 幹部昇級試験・・「天聖経」は本当に3000万円で売るものなのか??

    本当に、統一教会に 幹部昇級試験と三法問題の追跡調査の様なものがあって、それに合格しなければ幹部になれないようなシステムがあったなら、今日のような、献金地獄に見舞われるような教会の存在はなかったと断言します。 そうすれば、現在、幹部達に横行している、江利川先生が指摘された三法問題(人権蹂躙、公金問題、アダムエバ問題)も存在するはずもありません。 しかし、システムにおいて罪を犯さないやり方は原理的で