• 利権問題が絡んでいるのではないかと感じてしまう

    従来あった制度にイチャモンをつけて 巨額な利益やなんらかの報酬を得る目的で行われているのはではないかと感じてしまうんだ。 誰も指定してない。 その様な姓名を名乗れと、 自ら選んだ姓名。 それを国のせいすると言うのは、お門違いだと思うんだ。 それも高齢の女性が起こした裁判。 昔の時代には、夫や旦那さんの籍に入り同じ苗字を名乗る事に利点があったんだ。

  • 昔の時代と違って、今の時代は色々な選択肢があっても良いと思うし

    多様性もあっても良いと自分は、思っている。 それによって結婚制度や家族制というものが変わって行く事もあるかもしれない。 そして、自分が人様の苗字。 どのような名を名乗ろうが口を挟む事や、意見の述べる様な存在ではないのは 重々知っている。 そんな自分に変に目についた記事。 高齢の女性の裁判問題なんだ。 昔の時代は、夫。旦那さんの籍に入る。 同じ苗字を名乗る利点って物があったんだ。 その流れを組む者と

  • 夫婦別姓問題。自分の考えで言うと

    元々。違った姓名。その流れやバックボーンで育った二人が一緒の家族になる。 それを自ら名乗る名として、一つに決める事が出来ないのなら その二人は、この先。訪れる様々な困難に対しても、上手く対応出来ないと思う。 つまり、家族と言う。その纏まったシステムで別々の性を名乗ると言う事は不適格だと思うんだ。 これは、旧来の考え方。 自分は、年寄で昔の人。 家族制度?核家族を考えた上でね? 自分は、昔の人で今の

  • 夫婦別姓を支持する人は、自分の子供が生まれた時

    自分の子がどっちの性。 どちらの流れを引き継ぐ存在になるか悩まないのかな? 夫?妻? どちらの姓名。 どちらの流れを引き継ぐ存在になるのだろうとね?

  • 昔の女の人は、弱かったんだ

    日々の生活の糧を得る存在。 そのポジションとして 女の人は、力が弱い。 (例外的に強い人もいるのだけれど) 昔の時代は、食料を得ると言うのは力仕事。 食料を運ぶ事に関しても 昔の女の人は、家族を養っていける存在。 ポジションではなかったと思うんだ。

  • 姓名を受け継ぎ、その流れを受け継ぐ

    その事は、昔の時代では 家や土地や財産を受け継ぐ事に繋がった。 それは、その人の今後の人生の糧を得る事にも繋がった。 だから、日々の糧を得る事の出来る自分の夫の姓名を名乗る事。 自分の日々の糧や自分の立場や身分を示す事に置いて 何の抵抗もなかったと思う。 夫の姓名の元に嫁ぐ事に関してね?

  • 夫婦別姓の問題が社会的に取りざされる理由

    女性の社会的地位が高くなったからだと思う。 この件に関しては、否定も肯定もしない。 是非もしない。 只の観察。只の分析

  • 話は変わるんだ。夫婦別姓問題

    何時までも、例の彼女の事を書いていても、しょうがないし、まとめ切れない。 なので話題を変えるんだ。 ネットでタマタマ偶然見かけた。 所謂。 まとめサイト。 自分の目に留まったんだ。