• 君の姿

    君とは 出逢い方は平凡だったけれど 繋がり方は不思議で 不思議というより 奇天烈で 私には 君の姿は全く見えないのだけど 君の心の声は 必要な時に 鶴の一声のように 伝えられるんだ.... そして 君の心の色がよく見える