• ☆神様紹介☆奇稲田姫(くしなだひめ) ☆神様紹介☆奇稲田姫(くしなだひめ)

    八岐大蛇(やまたのおろち)退治の説話で登場する。 アシナヅチ・テナヅチ(夫婦神)の娘たちは毎年一人ずつ八岐大蛇の生け贄になっていた。 今年、最後の娘(8番目)である奇稲田姫が 八股大蛇の生贄にされそうになっていたところを、素戔男尊(すさのおのみこと)の妻になることを条件に姿を変えられて湯津爪櫛(ゆつつまぐし) になる。 スサノオはこの櫛を頭に挿してヤマタノオロチと戦い退治する。 素戔男尊が愛しく思