• 塩おにぎり

    子供時代の記憶の味シリーズ。小学生の頃、夜突然じんましんが出た。顔も体も、見事に赤い点で埋め尽くされた。鏡見て泣いたよなーさすがに食べ物も制限されて、母に塩おにぎりを作ってもらった。普段は鮭とか、こんぶとか、たらことかが入っているのに塩かぁ... と思ったけど、今おにぎりと言って思い出すのは、その時の塩おにぎり。心身が弱っている時の味の記憶って残るんだわー

  • あんもちパイ

    子供時代の食べ物シリーズ。と、言うか中学時代ですが、塾の帰りにロッテリアのあんもちパイをよく食べた。友達はアップルパイだったけど、私は断然あんもちパイ派だった。白玉とあんこをパイ生地で巻いて揚げたものだけど、白玉も、あんこも、パイ生地も、揚げるのも、好みにドストライクだし!もう毎回食べてた。でもいつの間にかメニューから消えたなぁ...最近流行りの「復活・復刻」の流れで、ロッテリアの方、あんもちパイ

  • シナモン入りにんじんケーキ

    子供時代の食べ物の記憶シリーズ。子供の頃はにんじんとピーマンが嫌いで(子供に嫌われやすい二品...)、給食に出るにんじんのグラッセとか、どう頑張っても無理!と思った。ある日、家で母がシナモン入りにんじんケーキを作っていた。そこ、あえてケーキに、にんじん入れちゃうんかーい... と思ったよね。ところが食べてみると衝撃的に美味しかった。あの時のシナモンの香りと、にんじんケーキの味は今でも覚えている。い