• ハワイ旅行

    妹の結婚が決まって。 妹の挙式は。 『絶対ハワイがいい』 私と。 亡くなった叔母と。 『ハワイにしようよ~』 いつも。 妹にけしかけていた。 念願叶って。 ハワイでの挙式。 そこに。 私と叔母はいない。 妹の挙式が。 ハワイに決定して。 主人と張り切って。 大きなスーツケースを買った。 滞在先のホテルも。 あそこがいいとか。 この辺がいいとか。 主人と。 私と。 子供達ふたり。 4人で張り切って。

  • 遺言

    『もしも』 その時のために。 ここに。 綴っておきます。 何かあったときは。 雅ちゃん。 これを家族に。 届けてください。 まず。 主人へ。 野菜はちゃんと。 食べてください。 お魚もちゃんと。 食べてください。 朝はちゃんと。 自分で起きてください。 お弁当に文句は。 言わないでください。 お風呂掃除も。 お願いします。 飲み過ぎにも。 気をつけてください。 靴下はちゃんと。 洗濯機へ入れてくだ

  • 七夕

    斜めお向かいの。 老夫婦から。 子供達にと。 小さな。 小さな。 笹を頂いた。 さっそく。 雅ちゃんと。 打ち合わせと言う名の。 七夕飾り作り。 願い事も。 ちゃんと短冊に。 鶴は。 F氏が折ったもの。 F氏に似て。 猫背の鶴。 夕方。 子供達の短冊も増えて。 気付くと。 おばあちゃんの短冊がふたつ。 増えていた。 『腰が治りますように』 それから。 『家族みんなが 元気でいられますように』 お願

  • 溜まり場

    うちは子供達の溜まり場。 毎日毎日。 誰かしら。 子供達の友達がいる。 ご近所の子供達も。 うちに集まる。 うちが1番。 狭いのに。 なぜか集合場所。 お隣の子は決まって夕方。 『ただいま~☆』 遊びに来る。 みんな。 かわいい。 日曜日ともなると。 お昼。 大きな鍋で。 そうめんを大量に茹でたりして。 私は。 給食のおばさん。 ときどき。 子供達がお呼ばれして。 静かなお昼は。 逆に。 落ち付か

  • 大切なもの

    『大切なものって?』 主人と。 子供たちと。 聞いてみたら。 みなさん。 口を揃えて。 『ママ』 言うものだから。 私。 分かっていても。 顔が。 ほころびる。 このセリフは。 私が病気だからじゃなくて。 いつも。 返ってくる答え。 すごく。 いいでしょう。 なんか。 幸せです。 主人は毎回。 『パパは?』 子供たちに。 聞いているけど。 二番目だったらまだしも。 友達の次だったり。 出てこなかっ

  • もし。。。

    もし。。。 F氏と出会っていなかったら。 もし。。。 あの時。 雅ちゃんが誘ってくれなかったら。 今年のこの桜は。 見られたのだろうか。 今年の桜は。 また格別に。 美しかった。 主人と。 子供達と。 少し遠出をして見た。 満開の桜。 来年もまた。 見たいな。 と思った。 お願いいたします   ↓↓↓

  • しこり

    平成27年もあと少し。 その頃。 子供達に伝えた。 『ママ。乳ガンだって』 8歳と5歳の娘達は。 『え。。。』 言ったまま。 しばらく止まって。 それから。 『ママ死ぬの?』 直球で聞いてきた。 5歳の子供ですら。 “ガン”がどういうものなのか。 ちゃんと分かっている。 私は素直に告げた。 『死なないよ』 まだまだね。 そしたら子供達。 『そ☆』 それで終わり。 子供って。。。 F氏は言った。 『

  • 最愛なる夫へ

    あなたと初めて逢ったのは。 私がまだ二十歳のとき。 10年以上も経っての再会。 よく覚えてくれていましたね。 再会して。 私。 あなたの名字になるんだな。 と。 直感しました。 果てしなく不器用なあなたを。 幸せにしたい。 そう思いました。 黒くて汚い手も。 ガラの悪い車も。 バリバリの方言も。 あなたらしくて大好きです。 果てしなく不器用なあなたと。 一緒にいられる人は。 私くらいしかいないと。

  • 綺麗に

    子供達?爺さんと婆さんもいますが😅 4ヵ月と9ヵ月の子供達と毎食、綺麗に完食です🐶