• 親孝行な子供たち

    ピカピカの1年生になった次女。 無事に初登校を果たしました。 登校2日目の今朝は。 お姉ちゃんより早く起きて。 お姉ちゃんより早く着替えて。 お姉ちゃんより早く。 全ての支度を終えました。 1年生はまだ給食がないので。 お昼前には帰ってくるのですが。 次女にとっては半日でさえ。 自分の世界が変わるほどの。 重大で大切な時間です。 親はしばらくの間。 帰りは幹線道路まで。 迎えに出なくてはいけないの

  • 新1年生

    本日。 次女の入学式でした。 新1年生は105名。 みなさんかわいくて♡ ホントかわいくて♡かわいくて♡ ね♡♡♡ 1年1組。 次女の席はなんと。 真ん中の1番前でした。 その1番前の席で。 うなずきながらちゃんと。 先生のお話を聞いてた次女です。 後ろ姿が愛おしい♡ そんな思いの中。 気になる子がひとり。 少し落ち着きのない子がね。 ひとり目につきました。 その落ち着きのない子の。 お母さんらし

  • 残念ながら。 うちの子供たち。 イマイチあいさつが。 得意ではありません。 そりゃそうです。 主人も私も。 あいさつが苦手ですから。 親が出来ないこと。 子供ができるワケがないんです。 私の父は。 聴覚障害者です。 『おはよう』も。 『ただいま』も。 父の視覚に入らないと。 全くもって伝わりません。 だからいつも。 父の視界に入り込むか。 肩を叩いて気付かせるか。 それしか方法はありませんでした。