• 学費とにらめっこした具体的な志望校選定~後編

    昨日の続きです。 これだけ高額の学費となると、学費額を考えて志望校を選定する以外にありませんでした。 私大医学部は、学費の安さと偏差値の高さがほぼ比例していますので、結果として、偏差値が高い大学を選んだことになりました。 偏差値が低くても学費が安い大学があれば選定した可能性が高いのですが、そういう大学はありませんでした。 大学一般であれば、難易度を考え、余り低いと将来的な影響があるかもと、志望校選

  • 学費とにらめっこした具体的な志望校選定~前編

    まず下記の金額をご覧ください。 順天    2080万円 慶応義塾    2156万円 昭和     2200万円 東京慈恵会医科 2250万円 自治医科    2260万円 東邦      2580万円 日本医科    2770万円 関西医科   2770万円 東京医科    2940万円 産業医科    3049万円 大阪医科    3141万円 久留米     3220万円 東京女子医科  

  • 学費から見た国立・私立の選択

    本日のテーマは、学費からみた志望校選定についてです。 まず、国立=学費が安い、というのは事実だろうと思います。 ただ、下宿をするとそれなりに費用がかかります。 仮に1か月15万円かかったとすると、6年間で1080万円です。 学生ですからもう少しは押さえるべきでしょうが。 他方、私立は、自宅通学が可能であれば、ある程度学費を抑えて総支出を低額にする方法もありますね。 巷、国立医学部のみを志望校とされ

  • 学費と志望校選択

    これは大きなテーマです。我が家では資金がさほど潤沢というわけでもなかったので、奨学金を受給せず、アルバイトをしない場合は、学費3000万円+仕送り、が限度だと息子に条件として出しました。息子は、私大医学部に進学する場合は、首都圏から離れたくないと言っていましたので、選択肢は自ずと絞られます。また、自治医大や産業医大は考えていませんでしたのでなおさらのことです。私大受験の場合は、受験料もばかになりま