• 進化の礎

    依存症は進化の礎を、 自らとその周辺を犠牲にする代わりに置きに行く機能がある。 例えば肺魚。 水が干上がるのは肺魚の意志でないが、生きられる環境条件(=水)が徐々に減少につれ、それでも生きられる別のモードに入ることができる。 つまり人間に例えば当てはめてみると、交配者にありつけない代わりにインターネット中毒になり、スコール(=水)を待つことになる。 お金は現時点では最も身近で得られやすく生命維持条