• おとうさんはウルトラマン

    おとうさんはウルトラマン (ウルトラマンえほん) 学研プラス 本 あらすじ ウルトラマンの家族のお話絵本。 一家の大黒柱、おとうさんはウルトラマン。 ちょっとの傷が出来たって泣かないし、きっちり3分で仕事は終わらせる。 背中で強さと頼もしさを語るみんなのヒーローです。 でも、おうちに帰れば、怪獣役だって子どものためにやってしまうし、子どもの成長を優しく見守るめっぽう甘くて、涙もろいお父さんなのです

  • こねこのぴっち

    こねこのぴっち (岩波の子どもの本) 岩波書店 本 あらすじ  ぴっちは、リゼットおばあさんの家で飼われているマリとルリの5匹の子ねこのうち、一番小さくて変わった子ねこ。飼い犬のベロが心配そうに見ています。なぜかというと、他の4匹の子ねこたちは毛糸にじゃれたり、箒によじ登ろうとしたり、元気いっぱいに遊んでいるのに、ぴっちだけは1人カゴの中で考え事をしているからです。  ぴっちは、他の子ねこのようと

  • しげちゃん

    しげちゃん 金の星社 本 あらすじ 『しげる』という名の女の子(女優 室井滋さん)のお話。 しげちゃんは、自分の名前が嫌でたまらないのです。男の子みたいだから・・・。 小学校の入学式。男の子と女の子が隣同士に座るのだけれど、隣の男の子が名前を見て泣き出しました。「オレだけ、男と隣同士だ~」って。  それからというものの、名前のせいでからかわれ、しげちゃんはどんどん自分の名前を嫌いになっていきます。

  • すてきな三にんぐみ

    すてきな三にんぐみ 偕成社 本 あらすじ  どろぼう「三にんぐみ」の武器は「らっぱじゅう」「こしょうふきつけ」「まっかなおおまさかり」。黒いマントに黒い帽子で馬車を襲い、金品を奪います。こんな怖いどろぼうたちですが、ある出来事から自分たちの生きる目的を悩みます。  ある日、いつものように馬車を襲撃したところ、金品はなく、乗客はティファニーちゃんという女の子1人。ティファニーちゃんは孤児で、いじわる

  • しろいうさぎとくろいうさぎ

    しろいうさぎとくろいうさぎ (世界傑作絵本シリーズ) 福音館書店 本 あらすじ  広い森の中に「しろいうさぎ」と「くろいうさぎ」が住んでいます。2人はとても仲良し。馬跳びをしたり、かくれんぼをしたりして、いつも一緒に過ごしています。けれど、時々「くろいうさぎ」は悲しそうな顔をします。それが「しろいうさぎ」には、とても気がかりでした。   ある日、「しろいうさぎ」は「くろいうさぎ」に悲しい理由を尋ね

  • ぼくとかあさん

    ぼくとかあさん 金の星社 本 あらすじ 熊の「ぼく」と「かあさん」は2人暮らし。けれど「かあさん」は「けっして ぼくをひとりにはさせなかった」のです。貧しいけれど、愛情たっぷりに育てられた「ぼく」。みんながかわいい長靴を買ってもらえば、「ぼく」も買ってもらえたし、早く走れる靴をみんなが持っていれば、「ぼく」も買ってもらえました。さみしがり屋で泣き虫の「ぼく」を世界中で一番優しく育ててくれた「かあさ

  • がちゃがちゃどんどん

    今日の絵本 がちゃがちゃ どんどん (幼児絵本シリーズ) 福音館書店 本 あらすじ この表紙が示すとおり、擬音語や擬態語をいろいろな絵や形で表しています。表紙の表している音は「がちゃがちゃ」と「どんどん」です。文字やストーリーが分からなくても、音と身振りで楽しめるので、〇歳からの読み聞かせ、一緒に手遊びもできます。 絵本の思い出 「がちゃがゃどんどん」はわが家の15年間の育児の間、ずっと活躍してき

  • カラスのパンやさん

    今日の絵本 からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7)) 偕成社 本              あらすじ  からすの町、いずみがもりのからすの夫婦の愛情たっぷり子育て奮闘記。パンやの夫婦は四羽の赤ちゃんを大事に育てます。ところが、赤ちゃんが泣き出すたびに飛んでいくため、パンは黒こげ、半焼きで売り物にならなくなってしまいます。お店は散らかり放題。お客さんが来なくなり、次第に貧乏になってし