• 「双極性障害」ってどんな病気? 理化学研究所脳科学総合研究センター 加藤忠史先生

    「双極性障害」ってどんな病気? 理化学研究所脳科学総合研究センター 加藤忠史先生 大和出版 1300円 抜粋 最後のページ 双極性障害は治る病気か? 薬物療法で落ち着いてきたら それは治ったのと同じ 症状をコントロールできれば 社会復帰もできる 前向きに、治療に取り組んでいきましょう

  • 現在、寛解2位、躁うつ15位、音楽6位です

    現在、寛解2位、躁うつ15位、音楽6位です 音楽を上げたいですね。

  • カウンセリングは報連相「実践」#2プロ(支援)を必要としない=寛解⁉︎

    今はプロが必要 先日、カウンセリングがあった。 会社見学のこと 自己課題のこと 時間配分は半々 ぼくは、カウンセリングでは 安いアナログの腕時計を テーブルに置くのが習慣だ。 ビジネスマン時代の名残り。 打合せ、会議など、クセだ。 見学のこと 見学に来ている 本当にいいか知るため 引き気味に自分にとっていいか見極める アピールの場ではない 自分からアピールしない 聞かれたら答える 自己紹介いらない

  • 目標達成(再)寛解について追加

    はじめての記事です。 懐かしくもあり、身が引き締まります。 よみがえり、あらたな「目標達成」を再掲載いたします。 はじめてなので目標達成について書きたいとおもいます 目標達成したい では 目標達成しない 目標達成したい は できたらいいな というただの願望 大切なのは したい ではなく 目標を達成する と決めること 目標達成する と決めて はじめて 具体的な考えが生まれ 行動がついてくる ベースは

  • 治療方針の再確認「医師との連携のもと、本気で寛解を目指します!」

    きょうの25分診察で、主治医のかたとすり合わせをした。 主治医のかたの寛解の定義は、こうだ。 躁うつの波がなくなる、繰り返さない。 半年から1年、長期的に維持。 クスリを服用しながら。 クスリを服用しない場合もあり、ひとによる。 ぼく、本気です。 そのためには、取捨選択します。 デイケアにて

  • 本気で変わろうとしているかたへのメッセージも

    ブログの説明を1部追加しましたので、 お知らせいたします。 診察や体調管理、就労経験やデイケア、就労移行支援、ハローワークなどの働くための情報の場にもなれたら幸いです。 のはずが、最近はコラムや音楽、本の紹介などが中心に・・・ そして、本気で変わろうとしているかたへのメッセージも 今後ともよろしくお願いいたします。