• SF

    小説新潮のSF短編に好きな小川一水の読み切りがあったので電子書籍化。 介護などに使われるロボットを対象にした葬儀屋のおはなし。 確かに日本人は普通の人形でも供養したりしているので、もし会話までできる ロボットが実用化されたら、絶対に出てくるビジネスだと思います。 落ちも少しひねってあり、とても満足した短編でした。 この作者の最新作「臨機巧緻のディープ・ブルー」も買ってはいるのですが まだ序盤までし