• 超個人的ドラゴンズのプロスペクト(有望株)トップ10 1回目

    2016年のドラフト会議では、育成を含めて7選手を指名して全選手とも入団合意しました。 そこで、個人的に来季で入団5年目以内で個人的プロスペクトトップ10をやっていきたいなと思います。(投手だと20試合で100イニング以下 野手は50試合以下で100打席以下) 1位 小笠原慎之介投手 先発投手 左投左打 入団2年目 東海大相模高校 まず、NO1プロスペクトは未来のエース候補である小笠原慎之介投手に

  • 見習え大野

    今日のヤクルト戦は小笠原君が勝ちを引き寄せたといって過言ではない。出会い頭の福田の2HRなんてこの神宮球場ではあってないようなもの。相手の山中投手もアンダースローから変則気味に来る投手で打ち崩すことは難しいため、いかに相手を抑えるかということが重要になってくる。雨で足場の悪いマウンド、再三のピンチを迎えしかも相手は山田、バレンティンと球界随一のクリーンアップ。いつもの投手なら連打を打たれてあっさり

  • 本当におめでとう!小笠原慎之介君

    感動してしまいました。 今日の試合。7回終わった段階でマイコラスに完封されると思っていた。 中日打線はメッセンジャーやマイコラス等の縦のカーブを駆使する投手に非常に弱い。 マイコラスの調子は良かったのも加えると、今日は打てないと思っていました。 しかし、村田のエラーから直属の先輩周平の素晴らしいセンター返し。ここで、堂上選手へ送りバントを指示し、見事決めてくれた。そして、藤井の犠牲フライや野本の執

  • 負けてもよいというチャンス

    今日も負けてしまいましたね。しかも延長戦に入って2アウトからの7失点は現地に行かれた方にとって、怒りを通り越した感情が芽生えたのではないかと思い、心中お察しします。 監督代行もなんとか勝とうという姿勢はみせるものの、やはり優勝のかかったチームと方や何も目指すものがないチームでは負けて当然かもしれませんね。 しかし・・・ そこでいくら腹を立てて首脳陣の責任や某GM含めたフロントの解任要求をしたところ

  • 「超人・オコエ」を聖地甲子園で生目撃!準決勝・関東一対東海大相模

    "超人" オコエ瑠偉をベンチ裏から生激写!! ナイジェリア人の父を持ち高い身体能力を誇る三拍子揃ったスーパー高校生! まず最初に書きますけど、 高岡商戦 1回のファースト強襲の二塁打や 3回の 1イニング 2三塁打、 中京大中京戦 1回のセンター後方大飛球のスーパーキャッチ、 沖縄・興南戦 9回の値千金劇的決勝ホームランなど オコエ選手の大活躍をテレビやネットで見ていたので 甲子園の準決勝に行く前