• まっ白に…燃えつきた…やる気

    この日、親方(ヨメ)はチロルの予防注射と健康診断で動物病院へ。 よって下っ端1人で山へ。 ▲前回蕾だったツツジも咲いた。 新緑もいい感じ。 物置小屋を作ってる最中に親方(ヨメ)が900円で買って来たモミジは、ちっとも成長しないし、もう枯れたのかなとか思うと、何気に息を吹き返したり。 もうちょいデカくなれよ。手はかけないけど。 なんでこんな写真ばかり撮ってたかというと作業やる気ないため。 朝家出ると

  • 懸念の屋根材を張る②

    懸念その1・屋根の勾配 → 驚異の0.5寸勾配 懸念その2・ルーフィングの施工 → 濡れた合板に強引に粘着 懸念その3・屋根出し煙突(角煙道)→ 雨じまいにまったく自信なし 懸念その4・屋根材の選択 → 勾配と屋根材の相性悪い 新築なのにざっとこれだけ懸念のある屋根など世の中にあるだろうか。 でも後戻りはできない。(したくない) 素人なりに色々(割と都合いいように)考えたんだ。 のちにこのブログを

  • 懸念の屋根材を張る

    2016年9月秋雨前線だか何だかが日本列島に停滞中。 秋晴れって言葉はドコいった。 それでもとにかく屋根を何とかしないと心配で心配で夜しか眠れない。 天気予報的に降水確率60%とかでも1日の天気の移り変わりで傘マーク(雨)より雲マーク(曇り)が多かったり、雨が夕方からならとにかく現地に行く。 現地着いてみれば緩勾配屋根(0.5寸)期待の高級粘着層付き改質なんとか(ルーフィング)の粘着層が浮き上がっ

  • 雨パトロール(2016年9月)

    草刈りを終えて次に山に行ける日は雨でした・・・。 ヨメとチロルは山に行く気ZERO〜でお留守番。オレだけ雨が心配で山へ。 あーあ。 着いた途端絶望的な気分にさせる降り方。 長靴に傘さしてパトロール。 藁にもすがった粘着層も何となく剥がれかけてる場所あり。 屋根に登ってみると しっかり密着していないのか気泡によるシワがアチコチに・・・ これスマホの画面保護するヤツなら全部剥がしてやり直しだよ。 雑草

  • 過去に戻れるのなら

    メインベース(仮称)の建築を始めてから5ヶ月。 もし過去に戻ってやり直せるとしたら。 いくつかやり直したい場面は思いつく。 でも一度だけです。 たった一度だけ戻れるならドコに戻ってやり直したいですか?と問われたならば・・。 間違いなくこの屋根に透湿防水シートを張った日に戻る。 そこで閃いた! 壁用の透湿防水シートが結構余ってる。(1ロールが50mもあるので) ルーフィング届くまで仮にそれを張ってお

  • 続・雨じまいの失敗

    お盆休み最終日に雨が降り、その後もおそらく何回か雨降って、晴れた日に現場到着してみると 写真じゃわかりにくいがまあ見事に雨溜まってる・・・。 恐る恐る養生シート剥がしてみると・・・ あーあーあー。 ひでえ・・・。せっかくシミのひどい合板は避けてできるだけキレイな合板のみで張った(そのために新品4枚ほど追加購入した)のに交換前よりひどい状態に・・・。 もう張り直しなんてできない(たとえできてもしたく

  • 夏合宿 2016 ③

    夏合宿中は近くにコインランドリーもあるので洗濯も(ココもあるし基本洗濯物は持って帰って洗うのでメインベースには洗濯機置き場は作らなかった) 洗濯している間にスーパー寄って夕飯の買い出し。 何日も泊まり込み作業で体はヘトヘトだし、うだるように暑いしで、ちゃんと夕飯作ろうって気は失せている。 「毎日肉食わせろ」なオレがお刺身食ってるくらいだから相当疲れていると思われ。 完全な浪人生の一人暮らし風小屋で

  • 夏合宿 2016 ②

    朝っぱらから水着姿に腰袋つけて作業するオレ。 この後面部分は本当に作業しづらい。 メルヘンちっくな画質はヨメがおかしな設定で撮影したため。 補強のために通した2×10材に垂木と天井下地をがっちり留めていく。 頼む。もってくれ。 物置小屋はおっかなくて無理だったが、メインベースは勾配ほとんどないので、親方(ヨメ)も上に登って作業できる。 この日はそこそこ暑かったので I have a bad fee

  • メインベース 天井と屋根垂木の補強

    本来なら天井や垂木は2×6材以上で施工すべきだったのだ。 設計の時点で夫婦二人でそんな長くて重たい材を2m以上も上に持ち上げて施工できるのかって不安と値段から2×4で作った天井と垂木。 取り付けてみてからこれは強度的にまずいと感じ、急遽2×10材を天井と屋根の間に十字に通して補強してみた。 この十字に通した2×10材に天井下地と垂木を緊結する目論見。 金具も併用して固定。 スマートな感じではなくな

  • メインベース 屋根を作り始めてみる

    物置小屋でぐっすりお休み中のチロル。口も半開き。 この寝顔見てるだけで幸せな気分になる。 朝方目を覚ますと近くでただならぬ気配。(チロルは股開いて熟睡中。マジで?) 近くの木がガサガサしてるしなんだか喧嘩してるような唸り声も。 オレが起き出したことでチロルもようやく目覚める。 番犬としてまるで役に立たない。大丈夫か? いや番犬以前に動物としての危機管理は大丈夫なのか? 物置小屋に置いてある(今は亡

  • メインベース 屋根をどうしよう③

    2016年7月の海の日の連休。(土曜日仕事なので日月休みの二日間) やります。屋根のあたり。悩んでばかりいても進まないし、やってみてダメならダメで何か対策すればいいだけのこと。この辺がセルフビルドのいいところ。 材をカットしまくって 下でできることは下でやる。 サマーカットでエラいことになっていた姫も服着せればなんのことはないいつもの姫。 ここは強度必要かなって場所に何かっていうとまぐさ作りの際覚

  • メインベース 屋根をどうしよう②

    0.5寸勾配。 素人がやっちゃダメな絶望的な響きしかしなくなってきたこの時点でも試行錯誤は続く。 うーん。写真を見返しても結局どの方式を採用したのかわからないほどにトライアンドエラーの写真ばかり。 (このブログは写真を整理しながら書いています。これは2016年7月のこと) 気分転換も兼ねてホームセンターに材の買い出しに行った時 偶然目に止まったイロハモミジを衝動買い 屋根のことから逃げるように一心

  • メインベース 屋根をどうしよう

    おおよそのイメージだけで実際にはどうするのか全く決まっていない屋根部分。 屋根の勾配は3寸は必要だとデッキを作ってくれた大工さんに言われていた。 ちなみに初めてのDIYそしてセルフビルドやってみて、今更だがド素人であるがゆえに「なんでよ?統一してよ」って思うことの一つが色々の単位。 尺、寸、間の和風な単位からインチ、フィートなどの洋風な単位、そしてオレが馴染めるミリやセンチメートルなどごちゃ混ぜだ

  • 本日の現場

    にくまるです。 今日は午後から 丸山工務店のOくんに建築現場の 進行状況と説明をしてもらいいました。 Oくんと棟梁さんに色々と質問してきまし た。お仕事のじゃましてすみません。 いつもありがとうございます。 屋根の断熱と防水 垂木の上に合板をはり防水シート(アスファルトルーフィング)を貼ります。 防水シートの上に断熱材を隙間無くいれます その上に隙間を作り合板をはります。 この上にもう一度防水シー

  • 中央線。何気ない車窓からの風景

    高尾行きの中央線の車窓の風景です。 一年間近く日本を離れていたので、 こんな何気ない景色でも メチャクチャうつくしく感じます。 道路、電柱、万年塀、消火器、ワンボックス、電線、屋根、 アンテナ、林、マンション、青い空、きれいな夕日などなど ぜんぷニッポンのうつくしい景色の一部です。 ▼English(英文) This is a picture I took from the window of C