• 帰ってきたヒトラー(映画)

    「1933年当時、大衆が先導されたわけでは無い。彼らは計画を明示したものを指導者に選んだ。」 2015年独 なるほどこの映画はとても面白かったです。 ドイツ映画らしいドキュメンタリー風のあっさりとした語り口は余り個人的に好かないのですがこの映画は特例。 原作とだんだん異なってるなーと思いながら見てたらまさかの…! パンフレットまで買っちゃいました。現代の警句であり真っ黒なジョークで満ち満ちているこ

  • 帰ってきたヒトラーを見てきました。

    色々物議をかもした同名小説の映画版を誘われたので見てきました。 ヒトラーが現在のドイツで目覚め、テレビ局を首になった職員が彼をヒトラーの物まね芸人と思い込み、二人でドイツ中をめぐり、町の人の言葉に耳を傾けたり、討論する動画を撮影しYoutubeにアップし、話題になるとテレビ局に売り込んでデビュー。 過激ではあるが問題を的確に捉えた彼の発言は人気を博していくが…というストーリー 序盤はインターネット

  • 帰ってきたヒトラー(本)

    ところで、最近通学中に本か宿題をすることにしているわけでして、面白かった本も紹介します。昨年欧米で映画化され今年日本で上映するという作品です。 2012独 ティムール・ヴェルメシュ著 「悪いことばかりじゃなかった。」 現代に蘇ったヒトラー目線で書かれた作品です。わが闘争はまだ理解できなかった(読みはした)のですが、現代のドイツを舞台に日本とはちょっと違うドイツの現状。昔TBSで歸國というドラマをや