• 上杉謙信 第3話(前半)

    ※ネタバレ注意 ※名前は双葉です ーーーーーーー 謙信様は私が自分の足で立ったことを確認すると、すぐに手を離した。 (怖いのか優しいのか、よくわからない人だな) 謙信「ついて来い」 「はい…っ」 それきり私のことを見ようともせず歩き出した謙信様を慌てて追う。 冷たい横顔をちらりと眺めて考えを整理しようとした時、 ふと、佐助くんと交わした会話が脳裏をよぎった。 ---------- 佐助「ああ、そう

  • 上杉謙信 第2話(後半)

    ※ネタバレ注意。 ※名前は双葉です。 ーーーーーーー そして数日後―― 私はまた、城下の雑踏の中を歩いていた。 (この時代での生活には慣れてきたけど、安土城ってなんとなく居心地が悪いんだよね) 世話役の仕事を特に与えられることもなく、 信長様を初めとする武将たちはみんな忙しそうで声もかけづらい。 (でも、そろそろ帰らないと日も暮れちゃうな。あと、少しだけ市を見て戻ろう) 城下の市には、三成くんが教

  • 上杉謙信 第1話(後半)

    ※ネタバレ注意。 ※名前は双葉です。 ーーーーーーー 「わあ、すごく賑わってるね」 三成「はい。信長様は商業の発達や流通に心を配っていらっしゃいますから。この安土は、全国から優れた品々が集まる活気のある町なのです」 (信長様って偉そうなだけじゃなくて、実際にすごい人なんだな) 感心しながら辺りを見回していると…… 商人「おや、三成様!」 大きな米問屋の店先から声をかけられ、立ち止まる。 商人「今、

  • 上杉謙信 第1話(前半)

    ※ネタバレ注意。 ※名前は双葉です。 ーーーーーーーーー (三ヶ月間なんとしても切り抜けて、現代に帰ろう!) タイムスリップまで安土城で過ごすと決めて、私は広間に集う武将達に頭を下げた。 「お世話になります、皆さん」 すると、伸びてきた手に顎を捕らえられ、くいっと上を向かされる。 信長「可愛がってやる、双葉」 「か、可愛がるって言われましても」 (これ、どう反応すれば正解なの……っ?) 困って信長

  • 明日から2月_(:3」z)_

    明日から2月ですね。頭には節分。中盤にはバレンタインと、食品業界は忙しいですね。 自分も食品関係で働いており、恵方巻きは本日から生産が始まっております。 節分当日より前に食べる方もいらっしゃいますからねσ(^_^;) 去年はありましたが、今年はバレンタイン関係はやらないとのことだったので、 正直、自分はホッとしています(*´∀`*) まぁ、モテない男のひがみも多少含まれてますがσ(^_^;) ちな

  • 岡崎城~帰宅(5日目)

    徳川家康ゆかりの岡崎城 朝イチで開門待ち 公衆電話ボックス 小学生以来の版画作製 午前中ぶらぶら散策 三浦友和さんと握手 ビスタライン 侍ショーも見たのでさて帰ろかな~ 途中で鰻ソフトクリーム(やめておけば良かった~💧) 日付が変わる前に到着

  • 徳川家康の顰像(しかみ像)- 三方ヶ原の戦いで脱糞し大惨敗

    徳川家康公 顰(しかみ)像 徳川家康三方ヶ原戦役画像(みかたがはらせんえきがぞう) 元亀三年(1572年)、 家康31歳の時、武田信玄との「三方ヶ原の戦い」で大敗し、 命からがら浜松城に逃げ帰った直後の家康の像です。 この時、家康は恐怖のあまり馬上で脱糞し、失禁したと言われています。 憔悴し、苦渋に顔を顰(しか)めているこの敗軍の将が 31年後、天下を取りました。 家康は己のみじめな姿をその場で絵