• 心の技術・・・感謝の壁7

    この話は、 『感謝、感謝することの何が具体的に良いのか』 『しかし何故に感謝することは難しいのか』 その点について書いてきたものです。 「感謝とは、意識を向けた対象から、自分を最も活かす最良の部分を切り出すことである」 だからこそ、最良の機会に恵まれ続け、最良の自身となり、最良の働きが出来る。 「感謝の視点で、自分自身を含めた全てを見るよう心掛ければ、自分自身と自分を囲む全ての良い所に目がいき、そ

  • 心の技術・・・感謝の壁6

    感謝する。 それは自分自身や、自分を囲む環境といった、意識を向けた対象から、自分を最も活かす最良の部分を切り出すことであり、 だからこそ、最良の機会に恵まれ続け、最良の自身となり、最良の働きが出来るのだと、 好きなことが次々出来るのだと書いてきました。 そしてその為に、どうしても根底に必要なものは、 自分を認めること、 自分を愛すること、 自己信頼、 だと。 しかし、エマソンも言っているように、社

  • 心の技術・・・感謝の壁5

    自分を愛する。 自分を認める。 自己信頼。 それが無いと、他者を認める、世界を肯定することもままならない。 つまり感謝することがままならない。 感謝の感情の湧く状態こそが幸福である、がオレの幸福の定義ですが、それに従うと 「自己信頼が無いと幸福になることもままならない」 ということになります。   考えてみれば、自分を認めない、自分を愛さない、そんなことは許されないし、許さない、という意識でいて、

  • 心の技術・・・感謝の壁4

    オレの私物は衣装ケース3箱に収まります。 昔、軽ワンボックスに持ち物の全てが収まったらカッコいいと思っていましたが、自分一人であれば、もう達成出来てますね。  賞状やトロフィー、免状は既に捨てていて、また必要あるかもと思っていた防具やグローブ・ミット類も捨てました。 道着も、所属が変わっていることで何種類かあった黒帯も、みな捨てました。 「段位」について、自分の中では30代になって新しい稽古方法で

  • 心の技術・・・感謝の壁3

    この話は、 『感謝、感謝することの何が具体的に良いのか』 『しかし何故に感謝することは難しいのか』 その点について書いているものです。 4.自分を認めること あなたは自分を認めることが出来ますか? 出来ていますか? これが分厚い 『感謝の壁』 です。 自分を認める。 とても、難しいことです。 しかし、これが出来ていないと、自在に心から感謝をすることは出来ません。  義務的に、  「感謝だ!感謝だ!

  • 心の技術・・・感謝の壁2

    さて感謝についてです。  感謝の意味は私の中ではこうなっています。 「感謝とは、意識を向けた対象から、自分を最も活かす最良の部分を切り出すことである」 私の愛車の一台。 昭和60年製の軽トラック、サンバーです。 私はサンバーに対して感謝で接しています。 サンバーの性質・特質から、自分を最も活かす部分を切り出し、 それを活かして自分が考える最良の機会に恵まれ続け、 自分が考える最良の自分となり、 自

  • 心の技術・・・感謝の壁1

    感謝することは良いことだ。 感謝は大事だ。 こう言われて、 「そんなことねぇよ」  と、人前で堂々と反論する人はまずいないでしょう。 「感謝」 と書かれたシールを張ったりしている人もしばしば見かけますね。 それはもちろん 「感謝」 は 「良いこと」 だと思っておられるからでしょう。 シールまで貼って 「感謝」 を主張している自分は 「良いことを主張する良い人」 だと主張している部分があるでしょう。

  • 心の術の使い方・・・好きなことをする方法6

    では最後です。 ➍好きなことをするのだという思いを弱らせないように、心に 「燃料」 を送り続ける。 どんなに、 「好きなこと、したいことを見つけた!やるぞ!」 と心が燃えるようなスタートをきったとしても、やっぱり時間と共に、そのやる気の炎は弱っていき、放っておくと消えてしまいます。 消えてしまいます。 それはこの手の文章も同じです。 読んでみて、「なるほど、やるぞ!」 と熱くなっても、何もしなけれ

  • 心の術の使い方・・・好きなことをする方法5

    続きます。 ❸選択の度に、決めた 「好きなこと」 に近づく方の選択をする。 今までは頭の中での出来事でしたが、ここでようやく体を使った 「行動」 が出てきます。 日々起こる出来事の中で、選択が生まれた時、 「自分の好きなこと、したいことに近づく選択を常にする」 ことです。 簡単なようで、殆どの人はこの点シッチャカメッチャカな選択をしているのです。 例えば、若い人聞きなさい。 「もてたい、彼女が欲し

  • 心の術の使い方・・・好きなことをする方法4

    では勇気を奮って、罪悪感を捨て、好きなこと、したいことを細かいところまで明確にイメージしましょう。 そして本当に好きなこと、してみたいことを3つ書いてみてください。        1.                                         2.                                         3.                      

  • 心の術の使い方・・・好きなことをする方法3

    読むならば、1からしっかり読んでください。 「前回までの極簡単なまとめ」 ・多くの人は 「好きなこと」 を悪く誤解している。 ・「好きなこと」 と 「抑圧からの反動」 や 「中毒」 は別のものだが、それが混同されている。 ・「好きなこと」 をすること自体は悪いことでも何でもない、 問題なのは 「何を」 好きなこととしているか。 ・「すべき」 という言葉の根底には差別意識がある。 ・社会の一員として

  • 心の術の使い方・・・好きなことをする方法2

    読まれる際は必ず①から読み進められて下さい。 『身近な人に対する責任感』 「自分の運命に責任を持っているのは自分のみ!」 そしてそれは他の人間にしても同じことです。 あなたが他の誰かの運命、人生の責任を負うことは出来ないのです。 親であれ、配偶者であれ、子供であれです。 しかし、自分に近い存在であるほど 「責任」 を感じ、介入しようとしてしまうでしょう。 が、そのことが 「時に死を選ぶほどの苦しみ

  • 心の術の使い方・・・好きなことをする方法1

    皆さんは毎日好きなことをしていますか? あえて難しく考えようとしなければ、好きなことをして毎日過ごせていれば、それだけで人は 「幸せだ!」 と感じるはずです。 好きなことをするということは、それだけ大事なことです。 ところが 「毎日好きなことをして過ごしています」 そういった人と出会うことは、極めて稀です。 なぜ、多くの人は好きなことを出来ないのでしょうか? どうすれば出来るようになるのでしょうか

  • 心の術の使い方・・・10

    いくら強くなったとしても、相手の動きは決められません。 もちろんレベル差によっては、 ここで下がらせる、ここで攻めさせる、ここで動けなくさせる、 かなりコントロールすることは出来ます。 しかし自分のレベルが上がれば、実際に戦う種類のものであれば、必然的に対戦相手のレベルも上がるわけですから。 それは起こる出来事、接する相手の反応と同じです。 そこに一喜一憂しているうちは、苦しみは続きます。 相手の

  • 心の術の使い方・・・9

    「罪悪感に気をつけろ」 「 自分にとっての幸せとは何か、どうなりたいのか。 あなたが決めなければ、決められるか、成り行き任せになる 」 前回を見てから、なんとか紙に書いてみたという人は、それでもまずいないと思います。 みな、 「書けないんですっ!」 って言いますから。 それだけ、切羽詰まった深刻な願いなんて無いということでもあります。 良かったですね。 結構幸せってことです。 だから、当面は感謝だ

  • 心の術の使い方・・・8

    「運命が変わる時」 『目標を、夢をホイホイ叶えるにはどうしたらいいか?』 『その10』 目標・夢をかなえられない仕組みを理解したら、それをひっくり返してみる 1・最初から「明確な目標」が無い ➊目標を持て!それも明確に、超具体的に! かなう前からそれが実現しているように振舞え! 2.「 相反 」する目標をもっている。つまり目標をかなえることに「 恐れ 」がある。 ❷その目標は「どうしてもかなえたい

  • 心の術の使い方・・・6

    『その3』 では何故思考が現実化するか、「目標・夢」を明確にすることで、それに見合った「環境・状況」が作り出されるのか、それを「理屈」で理解しなくてはならない。 そしてそれには、思考を生み出す「        」の仕組みを理解すること。  「心の仕組みを把握する」 「思考は限りなく100パーセント現実化している」 それが現実なのだから、それを踏まえて、自分の思考の内容をポジティブなものにした方が、

  • 心の術の使用法・・・5

    ここからは、 『何故、順次戦略的にまず心で「目標・夢」を明確にすると、それに見合った「環境・状況」が作り出されるのか』 そこを説明していきます。 「損か得か」 私は、 「宇宙を向上させること」 をテーマに掲げて生きてます。 宇宙は「陰と陽」を繰り返しながら、「ゆらぎ」ながら拡大し向上していきます。 尺取虫が「伸びると縮む」、伸縮を繰り返して進んでいくように。 私はその、 「ゆらぎの為のエネルギーに

  • 心の術の使用法・・・4

    夢をホイホイ叶えるにはどうしたらいいか? 【その①】 現在の「    」 から 「    」 を設定する    ・・・・・(     戦略) ことはせず、 先に心で 「    」 を設定し、 それに合わせて 「    」 を作り出す    ・・・・・(    戦略) 習慣をつけること。 《解答》 現在の「 環境・状況 」 から 「  夢・目標  」 を設定する    ・・・・・( 累積 戦略 )

  • 心の術の使用法・・・3

    どちらになりたい、 もしくは、 どちらで在りたいか。 世の中を肯定する、幸せ感じて生きている人 を選択する人だけ、 「決意」 して読み進めてください。 「決意はあなたが何者かを表し、それに対し宇宙は待った無し」 「世の中を肯定する、幸せ感じて生きている人になること」 もしくは、 「世の中を肯定する、幸せ感じて生きている人、で在ること」 を、選択し 「決意」 された皆様。 その通りになる、その通りで

1 2