• 志望校の選び方④

    今回は、3つ目の項目の「学校の指導はスパルタか生徒の自主性を重んじるタイプか」についてお話したいと思います。 これは中高一貫校の場合です。生徒への学習指導が勉強を強制する、いわゆるスパルタ式の指導をしている学校なのか、あるいは勉強を強制するのではなく生徒の自主性に任せる指導をしている学校なのかということです。 スパルタ式の指導では、宿題が多かったり、授業時間が長かったり、成績の悪い者に対して放課後

  • 志望校の選び方③

    今回は、2つ目の項目の「通学可能範囲か」についてお話したいと思います。 地味な話題のように感じますが、実際に毎日通学するとなるとかなり重要なことなのではないかと考えます。 通学可能範囲と書きましたが、それでは、通学時間の長さはどれぐらいまで許容できるのでしょうか? これは、その学校への思い入れや、長い通学時間を苦にしない性質や、始発駅からの乗車などで座って通学できるのか、あるいは通勤ラッシュの激し

  • 志望校の選び方②

    前回1つ目の項目に挙げた「大学付属校か中高一貫校か」についてお話したいと思います。 そもそも、志望校が大学付属校か中高一貫校かで中学受験をする目的が違います。 大学付属校を志望する場合は、その大学に進学するのであれば中学受験で進学すれば、大学受験をしなくていいわけですね。ということは、中学、高校、大学と10年間もその学校で学びますが、受験はないということです。 そうすると、クラブ活動や特定の習い事

  • 志望校の選び方①

    特定の学校に入りたくて受験勉強を始められる方が多いと思いますが、今回は中学受験はするが志望校はまだはっきりと決めていない方や、第1志望の学校は決めているが第2、第3志望の学校を決めていない方の参考になればと思い記事を書きます。 学校のレベルは大切なのですが、状況により一概に言えないのでここでは省きます。 すると、まずは次の3つが重要だと思います。 1 大学付属校か中高一貫校か 2 通学可能範囲か

  • 私立医学部の受験校はどうやって決めたか

    私立医学部はそこそこの数の願書を出しました。 願書を出したところは全て本人が大学見学に出掛けています。 逆に見学に出かけた大学は全て出願しました。 ということは、見学の上志望校から落としたり、見学せずに出願した医学部はないということですね。 因みに医学部志望になる前に見学した大学はいくつかあります。 私立医学部出願までの流れを考えると、見学するまでに大体志望校が決まっており、見学は確認的であったり