• 私の勝ち

    今日もダンナは機嫌が悪いのだろうかと思いながらリビングに行くと、小さい声で「おはよう」と言ってきた。 (¬_¬)ははーん、そろそろ何もなかったふりが始まったな。 そのあともワンズの散歩に行く時「いってきます」 帰ってきたら「ただいま」と小さい声。 ボソボソと独り言も言っている。 元々お喋りだから、もう抑えられないのだろう。 でも私は歩み寄らないよ。 仕掛けてきたのはダンナだからね。 夕方お米を研い

  • 私の気持ちが治まらないので

    昨日の朝からダンナの機嫌が悪い。 いつもウザいくらいお喋りなのに黙り込んでいる。 「眠れなかったの?」と聞いても、こちらを見ずに「べつに」と。 言ってくれないとわからない。 そういう態度をとられると私は話しかけることをやめる。 彼のことを気遣って………というよりも、気に入らないから話しかけないのだ。 ダンナの機嫌が悪くなるのは滅多にない。 うつ病が最高潮の時以来だ。 口撃してくることはなく黙り込む

  • 怒りが持続しない

    あれから冷静に男性脳について考えた。 確かに、あの時私は食事中に質問を投げかけた。 いつもの食事中の会話と同じように。 ダンナの目を私の方にシッカリ向けてから「ムスコAの彼女のことで悩んでるんだけど、どう思う?」と話さなかった。 そこは私も反省。 ダンナがキッチンにいたので「掃除するからアッチ行って」と追い出して、這いつくばってキッチンの床を拭いていた。 そこで「手伝うよ」とか言ってくれるかと思い

  • 珍しく本気で怒っている

    ダンナ「ムスコAの彼女はウチに泊まりに来ること親に話すのかなぁ?ちゃんと話してからじゃないとダメだよねぇ」 Lv1 (・д・╬)はぁ?! Lv2 それ何日か前に相談しましたよねぇ?! アナタ「気にしなくていいんじゃない?」って言いませんでしたっけ? Lv3 私、本気で悩んでたんですけど。 アナタは、いっつも私の話しを聞いてない! いつもいつもそうだ! Lv4 私はそんなに喋るの得意じゃないから必要

  • プレゼント

    夜中に目覚めてから、痛みが和らいだ後に、グラタンとハンバーグを、息子の笑顔が見たくて一生懸命作りました。 ですが、昼食にグラタンとハンバーグが不味いと言われました。 ショックでたまらなかったですし、贅沢な子供だなぁと私は怒りました。 私は息子の年くらいの時に、3日3晩、食べるものもなく、飲むものもなく、寝床すら無いときが有りました。 なので、本当に本当に悲しみと怒りが大爆発してしまいました。 その

  • 切り裂く絆 繕うきずな

    年末年始って家族が集まって楽しいこともあるけれど、つい長居をしてしまうとそれが親子ゲンカや兄妹ゲンカになることって多いですよね。 相手のエネルギーが弱っていたり、逆に強過ぎたりして、交換やバランスがうまく取れず、対話に不調和が訪れると爆発に移行してしまいやすいです。 こういう場合は、早く気づいた方が引き下がるに限ります。 1年前のエピソードです。 長いこと心が不調で、今は専門医で投薬治療をしている

  • 夫婦のスキンシップ

    眠れず書き書き。 最近は声を荒げるような喧嘩が少なくなりました。 カウンセラーの先生にも、本当に頑張ったね〜と言ってもらえてます。 ヒステリー、夫に攻撃的になって声を荒げて泣いたりわめいたり 本当に地獄のような1年半でした。(同棲してから数えて) 地獄って言うのは夫が1番感じていたし、怒っている私も地獄でした。 アンガーマネジメントでは 怒りは6秒がピーク、怒りを感じたら6秒待つ! とか 今の怒り

  • アンガーマネジメント

    子供用ですが、図書館で借りてきました😊 怒りって基本的に幼いもののような気がします 感情をコントロールできないことも、幼いと思います。 怒りをコントロールすることは どんな大人もほとんどの人が教育されてきていないことだと思うんです。 なので、子供用のアンガーマネジメントからお勉強します(*´꒳`*)笑 もう一冊借りてるので読み進めてお勉強したいと思いまーす(๑˃̵ᴗ˂̵)

  • 怒りとか泣くとか

    妊娠も臨月をむかえ、そのためか思うように体が動かせなかったり、睡眠がとれなかったり、なのにやらなくちゃいけないことは沢山あったり、、、 ちまたではアンガーマネジメントとか怒りをコントロールする方法とか本でもネットでも対処法が色々と溢れていて、私もずいぶん何冊も本を読みあさったしその方法を試みもしたんです。 でもね、ちっともうまくなんかいかない! アドラー心理学でも家族であれ、自分の課題と他人の課題

  • 怒り

      <怒りに触れる> 🥁 🔌 今、怒りを感じる事が一つのテーマになっている。 私は4年前から、母の親友であるヒーラーさんのセッションを受けている。 毎度毎度、一人では触れることの難しい、深い所に入っていく。 沢山、色んな感情を感じ、感じていなかった存在にも気付いてきた。 そして、今たどりついているのが、    「怒り」 海外のヒーラーさんのヒーリングも同時進行で最近受けはじめ、 「背中に怒りが

  • 怒り

    今日は、怒りの感情を抱いたときのことを忘れないように書きます。 特に今激おこなわけではありませんwww 私はよく我を忘れるぐらい怒ります 普段は、あまりよく喋る方ではなく おとなしい印象を持たれがちです 基本的には冷静で理論立てて話もできる方で 知的な話し方をするね と言われたこともあります でも、怒っているときは 夫に言わせると馬鹿になっているそうです。 判断力が鈍って、普段なら冷静に見れること

  • 怒り

    昨日は休みの前の日… 9時頃やっと…座り、携帯チェック… facebookも… tsunayoshiさんの投稿もいつも拝見して、いました。ワンの悲しい出来事や心温まる投稿に心打たれて… その中に珍しく猫ちゃんの 虐待…YouTubeとなんと無く開くと… そこには…… 絶対に許せない!動画が… 目を反らしながら…最後迄行くと… 母猫の悲しい姿が… こんな酷い事… 2度と…又、見る勇気は…無いけど…

  • 激怒する女性

    梅雨らしいお天気で、新しい傘をさすのが嬉しいです٩( ᐛ )و 女性議員さんが暴力的な言葉や暴力をふるい話題になっていますが 私的には他人事ではありません(>_<) 程度の差なんてなまっちょろいことは言いません。 攻撃的になってしまう女性。 今私の中で、かなりホットなワードです。 朝の番組で、壇蜜さんが 「しかるべき対応をとらなければならない状態を放置してしまった結果なのでは」 とお話しなさってて

  • 怒りと上手につきあうアンガーマネジメント

    アンガーマネジメント なぜかイライラして気持ちを落ち着かせることができないときがありませんか。 そんなときに 感情的に心のままに言動を起こしてしまうと あとで後悔や自己嫌悪ばかり 自分の怒りをうまくやりすごせば 人生がかわっていくかもしれません。 かくいう私も   怒りの器が小さくてすぐいっぱいになってしまう   怒りのスイッチが多すぎる なんて、冷静になってから自己分析し、反省し、 でもまた同じ

  • あるある2

    マーケと営業に底の見えない溝がある。 営業に対して説明をする会議がある。 今までは、営業無視で進めていたが、今年は違った。 是非営業の意見を聞いて取り入れたいんです❗ 営業の観点からはこうした方がいいよと説明。 いざ会議 。。。。。。( ̄▽ ̄;) 何が変わったんや?文字の大きさか?書体か? これならペッパーくんと話でもしとけや! ペッパーくんかわいそう(T^T)

  • 便利な世の中になりました ベッドで寝ながら携帯でオリンピックが観れます 卓球団体女子を先日見ながら、オイオイ泣いてしまいました すると遠く離れたところから鬼嫁が 「ヒィーヒィーいちいち泣くな!!!」と・・・ いやいや感動じゃないですか 感動の涙ですよ 枕を涙で濡らしまくりました 連日オリンピックで寝不足です ところでところてん 今の子どもたち、いや、わが息子、あまーい ジジとババ甘すぎる 夏休みの

  • 自立って

    自立しろ自立しろって20から言われてきたけど そのためにうちの親は何もしないんだよなぁ こんな今にも餓死しそうないつ自殺しててもおかしくないニートに 出ていけって言うんなら出ていくよ もうこの世から出ていくしかやりようはないけど出ていくよ だけど自立とか何にもわからない それをどうするか一ミリも話し合わないうちから怒られてもねぇ笑 煽れる相手が息子しかいないからいびってストレス発散してんのかな?笑

  • 原因不明の汗

    まただ また敵意に突っ込んで行ったんだと思う 人間は吠えない代わりに無視という攻撃を獲得した 社会的な動物は、繋がれないことに非常に敏感であるゆえに 無視は非常に有効で また自分はほとんどテリトリーを持たない弱小動物であるため 上手くその攻撃を⌈気にしない⌋ことが出来ない 人がいると首が絞まる。 相手の敵意か自分の敵意か定かではないが、 自分が相当ストレスフルな対人意識を持っているのは確かで、 そ

  • 怒り爆発(絶叫)

    一昨日・・・ジムから帰ってきたら、胃が痛くなり。 激しい嘔吐×2 母も同症状で嘔吐×3 風邪か食中毒かわからないまま・・・ ”死んでしまいたい・・・”と落ち込む。当たり前か。 昨日・・・母を内科まで迎えに行った際、バックして ポールに激突。 そのまま帰宅したが、凹みの酷さにショックをうけ 絶叫のあと、号泣。 ものすごい声でわめきちらした。 あんな声で泣き叫んだのは、5年ぶりぐらいだ。 もの凄い怒り