• 貧乏神

    貧乏神1  私が以前に交際していた男性は、非常に霊感の強い人でした。  ある日その人と、町中を歩いていた時の事です。  交差点で信号待ちをしていたら、彼が「アッ、あの人の鞄・・・」と驚いたように呟きました。  「どうしたの?」  怪訝に思い、私は彼に尋ねましたが、彼は何も答えてくれません。  それでも私は、「一体、どうしたって言うの」と、彼にしつこく尋ねました。  すると彼は、緊張した表情をしなが

  • 呪いの人形

    呪いのわら人形をご存知ですか? それに関する話です。 私は仕事がら転勤の多く、各地を転々としていました。 時にはアパート、時には貸家私が山口の萩というところに転勤になったときの話です。 安く家を貸してもらえるというので、しばらくの間家を借りることになりました ただ問題だったのがかなりの山奥で、大きい家なのですがかなり古いものだということでした。 住み始めてから1ヶ月がたとうとするある日、私の娘が庭

  • 新築の家

    私の実家は、俗に言う新興住宅地というやつです。 以前は田んぼだったらしいのですが埋め立てて一つの町 を作り新築の家ばかりが集まった・・・そんな感じです。 今まで自分の部屋がなかった私たち姉妹はとても喜んで 自分の部屋のレイアウトを考えたりしました。 そして、家は完成しましたが事情があって引越しはしなかったのですが 週末になると泊まりに行ったりしてました。 最初に自分の部屋で寝ることになった夜。 今

  • 笑顔の死体

    高校1年のころ友達と4、5人、竹藪で遊んでいた BB弾の撃ち合い でどんどん奥に行くと民家があった で前々から人が住んでるかどうか疑問だったので裏手に回ると 寂れた庭となぜか綺麗なひな壇があった 外なのにちゃんと組まれてた・・ で友達を呼んでひな壇の人形の刀を取ったり服を脱がしたりしてたが 多分この民家には人が住んでない、として中に侵入 宝探しのつもりだった つっても何処も開いてなかったので思い切

1 2