• 公開謝罪 三原一真様(仮名)

    この機会に、過去の「攻撃」をお詫び申し上げます。 当時は事情があり、仕方がなかったと思っていますが、現時点では事情も変わり、心情も変わりました。 サンクチュアリも人が増え、お互い別々でも、気の合う仲間ができたことは喜ばしいことです。 わずか数人、しかも顔も見えないネット上で出会って、Cyberサンクチュアリ人協会を立ち上げたことを、なつかしく思います。 その中心は、間違いなく三原さんでした。 今思

  • 号外 「さらば、黒頭巾」 サンクチュアリ内部の「詐欺師」

    他のブログでも批判されている人ですが、意外と評判は落ちていないかも知れません。 それが「詐欺師」の腕前です。 Kタイプの私が、「こういう人もいるんだ」と驚いた、Rタイプの人です。 ご本人が正しく生きるため、また、周囲の人が正しい人物評価をするため、私の良心に従って、情報提供させて頂くことにしました。 (しかし「サイコパス」は、正しく生きることが不可能なようです。 家族さえも犠牲になるそうですので、

  • 略奪者の存在 1月22日の亨進様説教から

    翻訳・掲載に感謝申し上げます。 略奪層はどこにもでも存在します。上流、中流、下層階級を問わず略奪者は存在するのです。 普通の人は精神も病んでいないし支配欲に駆られることもありません。89%の人は正常です。 残りの5%が異常者(サイコパス)であり、11から15%は社会病質者(ソシオパス)です。それが問題グループです。下層、中流、上流すべてに存在する略奪者、略奪階級。略奪階級は危険な階級です。 略奪階

  • 「絶対信仰・絶対愛・絶対服従」を思い出す 亨進様の御言葉 ヨシュア記

    御父様の御言葉のキーワードは、「絶対信仰・絶対愛・絶対服従」ではないでしょうか? 亨進様の御言葉のキーワードは、言うまでもなく「自由と責任」だと思います。 表面的には正反対のような両者は、性相と形状、縦と横のような関係だと思います。 しかし、最近では忘れがちだった「絶対信仰・絶対愛・絶対服従」を思い出したのは、1月8日の亨進様説教です。 (翻訳・掲載に感謝申し上げます。) 別に死んでもかまわない

  • トランプ大統領就任 「目の前で起きている本当の歴史」 1月15日の亨進様説教から

    翻訳・掲載に感謝申し上げます。 1.サタンと戦う戦場 戦争です。最前線にいるのです。戦場です。目の前で起こっています。壮大で伝説的な戦いです。バカなビデオゲームに夢中になって傍観者になってはいけません。これは現実のことです。目の前で起きている本当の歴史なのです。摂理は動いています。サイドラインで見るだけの人になりますか。それともサタンと戦う戦場に赴きますか。未来と神様の王国のために実際に違いを生み

  • 天一国市民のために「王の心得」 申命記 十戒 天一国憲法

    王の心得 王となる人は自分のために馬を多く獲ようとしてはならない。また馬を多く獲るために民をエジプトに帰らせてはならない。主はあなたがたにむかって、『この後かさねてこの道に帰ってはならない』と仰せられたからである。 また妻を多く持って心を、迷わしてはならない。また自分のために金銀を多くたくわえてはならない。 彼が国の王位につくようになったら、レビびとである祭司の保管する書物から、この律法の写しを一

  • 金言の宝庫 申命記 1月1日亨進様の祈祷を思い出す

    ボブ・ディランの「ジョーカーマン」という歌から引用します。 レビ記と申命記、ジャングルと海の掟が、あなたの唯一の教師 非原理時代に、「レビ記と申命記」は全く縁が無く、「ジャングルと海の掟」は格好よいと思っていました。 統一教会時代に、「レビ記と申命記」は読む必要が無いと思い、「ジャングルと海の掟」は非原理的だと思っていました。 サンクチュアリ教会において、「レビ記と申命記」も読むようになり、「ジャ

  • 430数 出エジプトの摂理に選ばれたモーセの血統

    4300双祝福は出エジプトのようなものだと言われていますが、ちょうど私は旧約聖書を読んでいます。 原理講論でも「モーセ路程」は長いですが、聖書はもっとです。 12月11日の亨進様説教から引用します。 モーセが山に登って十戒をもらって帰ってくると彼らは牛を拝んでいました。チーズ製造器や牛乳製造システムを拝んでいると考えたらばかげたことです。彼らは金の子牛を拝んでいたのです。神様は彼らを罰しました。モ

  • 「身中の虫」と戦う 1月2日のキングダム・レポートから

    翻訳・掲載に感謝申し上げます。 世界の悪は単に世界の悪い人たち、人間が生み出したものではなくて、良い人間が何もしないでそれが社会の一部になっているからだという昔の言葉があります。 私達は、マクロで「天使長」と戦うと同時に、ミクロでも「身中の虫」と戦う必要があります。 もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権者 聖書には、私たちの戦いは血肉に対するものでなく、もろもろの支配と、権威と、やみの世の主権

  • 「私たちが損をすることは一つもない」 「警戒心が必要です」

    史吉子氏の「原理に関するみ言の証」298頁から、御父様の御言葉を引用します。 昨日の当ブログで引用した、「清算しなけでればならない因縁なしには、どんな人(良い人、悪い人)にも会えないし、どんなこと(良いこと、悪いこと)も起きない」に似た御言葉です。 私たちが損をすることは一つもない サタンの業も天が許さなければできないことだ。 私たちが損をすることは一つもない。 御母様の堕落によって、幹部達の正体

  • 改めて、江利川総会長の有り難さ

    11月30日亨進様説教の翻訳・掲載に感謝申し上げます。 エリート達が善と悪に分立出来なければアベル的革命が起きることが出来ません。 フランス革命のように市民達だけが騒ぎ立てればいつもいつも共産主義になってしまいます。もう一度所有してしまう。 お前達も一度やったのだから俺たちも国を掌握したのだから我々もやってみたい、こうなるのです。そうではありませんか違いますか?暴君が出てくるしかありません。 11

  • 家庭連合を描き出すような 11月27日の亨進様説教から

    翻訳その1に感謝申し上げます。 マクロとミクロは、非常に似ています。 もしコカ・コーラの会社に教育省を管理させるなら彼らが子供たちにコカ・コーラは体に害があると教えるだろうかというのです。そのようなことはないでしょう。最初から偏りがあるでしょう。コカ・コーラが教育省を管理していなければ、コカ・コーラは基本的にまったく体に悪いという本当のことを話すのです。 赤い天聖経、「天一国の歌」、「天の父母様」

  • ニクソンの時、金日成の時と、なぜ違うか? トランプに必要な信仰基台

    11月13日亨進様説教の翻訳に感謝申し上げます。 今どんな時よりも、もっと真実を追求する必要があります。今どんな時よりも私たちは弱くなっていられません。 悪魔は話をでっち上げようとします。「ああ、あなたの思いやりはどこにありますか。あなたの慈悲はどこにありますか。彼は済まないと言っています」何万もの人々を殺し、6回以上の戦争を起こし、国を破綻させ文明を破壊した後で、済まないと言っているので許してあ

  • 「異端者は、自分をキリストにする」 11月6日の亨進様説教・その他から

    翻訳に感謝申し上げます。 正しい王のいる神の国を自分の中にむかえることが重要です。 王国をその王から切り離してはなりません。どだいそれは不可能です。 キリストのいない神の国などありえません。 異端者は神の国とキリストの間に「自分」を置いて自分を神の国の創造者にしようとします、それは自分をキリストにすることに他なりません。 10月31日の質疑応答を振り返ります。 私たちは他のものをいつも崇拝していま

  • ヒラリー・クリントンへの糾弾 10月23日・16日の亨進様説教から

    「トランプ氏支持率接近 米大統領選 1ポイント差調査結果も」(読売新聞11月1日1面)という見出しに勇気づけられました。 霊的にでも、トランプを応援するため、説教を振り返りたいと思います。 まず、10月23日の説教からです。 選挙妨害・虚偽宣伝 ビデオの中に民主党の上の方のリーダーが登場していました。その指導者がお金を払ってトランプ陣営で暴動を仕掛けているというのです。まさに選挙妨害に他なりません

  • 「子供たちまで奪って行くでしょう」等 10月19日の亨進様説教から 

    翻訳に感謝申し上げます。 1.子供たちまで奪って行くでしょう 今回先祖解怨式で堕胎された全ての赤子の解放をします!解放!サタンはその子たちの血と魂を、もう貪ることができなくなるでしょう! そのような次元で、サタンがより激しく攻撃せざるをえないでしょう。皆さん!より悪くなるでしょう。何故?奴はより強く攻撃するでしょう。 子供たちまで奪って行くでしょう。すぐに来ます、これは! 昨日の当ブログでは、「地

  • 続・過去のブログ記事を補強する および「熊本地震を思い出す」 10月16日の亨進様説教から

    翻訳に感謝申し上げます。 1.隠れユダヤ教徒の危険性 ですからこれは隠れユダヤ教徒と呼ばれています。これは、ある種の宗教または宗教思想のことです。つまり、あなたは自分の国の主流の宗教に入って、イスラム教が大多数なら公にはイスラム教に入りますが、個人としてはサバタイ派の儀式を行って神秘主義を継続するということです。 例えばトルコのドンメはサバタイ信者の末裔です。ドンメは基本的にはイスラム教徒のように

  • 号外「ボブ・ディランは、悪魔に魂を売った」

    情報を頂きました。 下記のお返事をさせて頂きました。 大変ありがとうございます。 思い当たる節があります。 ゴスペル・ロックを経て、落ち目になったのに、今日に至るまで復権してきたことです。 私は復権後のボブ・ディランは「老醜」だと思っていて、なぜ人気があるのか不思議でした。 もしも「契約」が若い頃だったとしたら、ゴスペル・ロックは「裏切り」なので、一度落とされたのかも知れません。 いずれにしてもボ

  • 「透明性の大切さ」 再確認 10月2日・9日の亨進様説教から

    昨日の当ブログで、私の「求道」時代について触れました。 4月3日の当ブログからも、私の「求道」時代を振り返ります。 私の転職歴の中には、船井幸雄さんの「船井総合研究所」が含まれます。 霊の親に導かれる寸前の頃です。 既に私は「求道」していました。 船井幸雄さんも「求道者」ですが、社員は必ずしもそうではありませんでした。 その頃、上司から言われたことが忘れられません。 「堀さんは、正直すぎて損をする

  • 宗教におけるRタイプとKタイプ 8月31日の亨進様説教から

    1.御利益宗教 キリスト教徒は「主に従えば皆さんはより幸福になります。福を受けるでしょう。満足を感じるでしょう。平和になるでしょう。」 聖書でイエス様が約束されたのは「私に付いてくれば皆さんは迫害を受け、冒涜され、嫌われ、世界が皆さんを憎むでしょう。」これがイエス様が約束されたことです。 「皆さんはお金をもっと沢山儲けて金持ちになり車を何台も買うことが出来て家も買うことが出来る。」これは詐欺キリス

1 2 3