• この頃はまだ

    事件調書の項目と内容紹介の途中ですが、少し気持ちを吐露する回にして、休憩してみたいと思います。 ブログを書いていて、事件の調書等、事件に関する過去の書類を見直すと、やはり気持ちがまだ揺らいで悲しくなります。悲しくなります。 この頃の私には、まだ息子が意識不明の重体であるということしか分かりませんでした。 なので、親権変更の調停をしながら 『こんな呑気な事をしていていいのだろうか。』 と、ずっと思っ

  • 供述調書(元夫)

    ※元夫の供述調書なので、元夫目線になってます。 虐待にあった私の息子=R、 妻(現在は離婚)=私の息子を虐待した犯人、 私=元夫  です。 元夫の供述調書をまとめたものです。 既に、刑事さんから、入院しているRのお尻に怪我の痕があると聞いていますが、このことに関して、私が知っていることをお話しします。 私は、以前にRのお尻の右側と左側に、まだ治っていない新しい傷があるのを見たことがありました。 そ