• どうしてみんなに優しいの?

    コロコロがこれまでの人生で、【女性に言われた言葉ランキング】、堂々第2位にランクインしている言葉である。 (・_・)? どうしてって言われてもね…(笑)🙂 コロコロは普通に人と接してるだけであって、特に優しくしてる訳じゃないんだ。それに生きてく上で、人に意地悪したり冷たくしたりする必要はぜんぜんないしさ!あくまでも公平に普通に接しているつもり。 ( ・∇・)✨ 今までに友達になった女性、交際まで

  • 二人で朝ごはん

    「コロコロの家で二人で朝ごはん食べるの初めてだね!どう、美味しい?」🙂 「うん✨凄く美味しいよ⤴️コロコロは料理が上手だね!」🙂 「一人暮らし長かったからね、それなりには作れるよ⤴️」🙂✨ 「コロコロ、今日は天気いいね🎵暑くなるのかなぁ~?☀️」😯✨ 「そうだね、かなり暑くなると思うよ❗」🙂💦 「コロコロ…、実はさぁ~、昔のことでまだコロコロに言えてないことがあるんだけど…」🙁💦

  • 君がいれば…それだけでいいんだ

    ✨正直者の君のことだから、どこかでそれを僕に伝えようとしているんだね✨ ✨でもね、君が伝えようとしていることは、今の二人には必要のないことなんだよ✨ ✨君がいて、僕がいる。それだけでいいじゃないかな✨ ✨だからね、無理して話さなくてもいいんだよ✨ ✨君に過去があったから、僕にも過去があったから、こうして二人は出逢えたんだ✨ ✨君が気にしている過去…僕も一緒に背負ってあげるよ✨ ✨僕はね、君がいれば

  • 恋人に撃たれる会社

    コロコロは、最近最愛の恋人である春ちゃんに、会社内でピストル🔫で撃たれる事が多くなった😮💦 ピストルと言っても勿論本物ではなく、親指と人差し指で形を作る、子供がよくやる【アレ】である👈✨⤴️ コロコロが勤めている会社は約9割が女性の為、女性社員とコミュニケーションを取りながら仕事を進める事がほとんどである☺️✨ もちろんコロコロも例外ではなく、同じ部門、同じ課の女性社員とは積極的にコミュニ

  • 恋愛における年齢差

    コロコロと春ちゃんの年齢差は27歳😱💦✨ 世の中、歳の差カップルは数多くいると思うが、27歳差は滅多にいないんじゃないかな☺️💦 昨夜、晩御飯を作ってあげたいと言って春ちゃんが家に来てくれた☺️⤴️⤴️ コロコロは、台所に立つ春ちゃんの後ろ姿を眺めながら、こんなに幸せでいいんだろうか…?と考えていた☺️✨✨ そして、春ちゃんにまた訊いてしまった。 「年齢差気にならない?」 「また、それ訊くの

  • 奥さんとあたしはそれぞれ何点?

    コロコロの最愛の人である春ちゃんは、いろんな質問をコロコロにぶつけるのが好きだ(笑)☺️ (゜〇゜;)????? 「奥さんは何点?」 いやいや💦春ちゃん、正確には奥さんじゃなくて元奥さんでしょ(笑)☺️ 「結婚してた頃は0点だと思ってたよ」 (・_・)⤵️ 「今は0点じゃないの?」 ( ;∀;)⤵️ 「今は…、元奥さんはコロコロの戸籍に一応名前載ってる人だからね、50点はつけなきゃいけないと思っ

  • 愛してるよと言えなくて

    自分の大切な愛する人に、「愛してるよ」ってちゃんと言えてますか?✨ コロコロはなかなか言えなかったんだ(/。\) 若い頃はね、簡単に言えたんだよ…。しかも連発出来たりもした(笑)☺️ 「好きだよ」とか「大好きだよ」は素直に言える。でも、「愛してるよ」は簡単には言えないんだよね…。重い責任が生じてしまう気がしてさ…。✨ 責任…?ズルくないかコロコロ?愛している人に「愛してるよ」も伝えられない…。 そ

  • 身の丈に合う恋愛

    春ちゃんの存在を最初に確認したのは、会社の社員食堂だったと記憶している。✨ 社員食堂と言っても、注文すると料理が提供されるような、いわゆる【食堂】ではなく、社員がそれぞれお弁当なり何なりを好きに持ち込む、食べるための【食事スペース】と言ったほうが適切な表現かもしれない。🍙 ある日の昼食時、コロコロの隣で昼食を食べていた課長がコロコロに言った。「右斜め前のテーブルに座ってる新入社員、コロコロさんの

  • 貴女がいるから生きている

    貴女がいるから毎日楽しい✨ 貴女がいるから辛くない✨ 貴女がいるから笑っていられる✨ 貴女がいるから穏やかでいられる✨ 貴女がいるから頑張れる✨ 貴女がいるから今がある✨ 貴女がいるから未来はやって来る✨ 貴女がいればそれでいい✨✨ だから生きている✨✨✨ by コロコロ

  • 不倫する女性…③

    不倫は悪だろうか? TVに芸能人の松本伊代が映ると、コロコロはサキちゃんの事を思い出す。コロコロと同世代のアイドルにどことなくサキちゃんは似ている。 サキちゃんの旦那様であるコロコロの元同僚は、船越英一郎似の勤勉で無口な男。やや面白みに欠けるが、人を騙すような事はしない誠実なタイプ。 コロコロの今の同僚であるサキちゃんの彼氏は、元プロ野球選手の長嶋一茂を彷彿させるイケメン?過去の恋愛を面白おかしく

  • 不倫する女性…②

    不倫は悪だろうか? 居酒屋でサキちゃんと意外な再会をした翌日、コロコロの携帯に見知らぬ番号から着信があった。 サキちゃんからの電話だった。携帯番号を教えた覚えはなかったので、何故番号が分かったのか聞いてみた。旦那様の携帯の電話帳を盗み見たと、サキちゃんは正直に答えた。 用件を訊ねると、お願いだから旦那様には言わないでとの事。 そんな事、口が裂けても言わない。言った所で何のメリットがあると言うのか。

  • 不倫する女性…①

    不倫は悪だろうか? コロコロの飲み友達にサキちゃんという女性がいる。年齢は40代前半だが、実年齢より10歳は若く見えるスレンダーな美人☺️ 飲み友達と言っても、最後に一緒に飲んだのは、もう2年以上前にさかのぼる………。 サキちゃんは、結婚していて子供も二人いる人。公営の団地に家族四人で暮らしている。 サキちゃんの旦那様はコロコロの元同僚。コロコロが以前勤めていた会社の後輩。二人の結婚式にはコロコロ

  • 大嫌いな人はいますか?

    コロコロには、大嫌いな人がいないんだ!(^○^) コロコロは若い頃、大好きの反対は大嫌いだと思って疑わなかった( ・∇・) しかし、長い時間生きてきて、大好きと大嫌いは、実はとっても近い距離にあるものだと気がついた✴️ 距離は5mmくらいかな…(笑)真反対に位置しているように感じるけど…本当はとっても近い❗ だって、大好きな人も大嫌いな人も、同じように自分の心の中を占領しちゃうでしょ? 大好きな人

  • 喧嘩する程仲がいい?

    よく聞く言葉であるが、コロコロは大嘘だと思っている。 コロコロは穏やかな(穏やか過ぎる)人間だとよく人に言われる。自分自身でもそう思っているのだが、そんなコロコロがほとんど毎日…ある特定の人と口喧嘩していた時期があった。 特定の人とは、コロコロが当時結婚していた女性である。この6歳下の元奥さん、コロコロを悪く言う事にかけては超一流と言っても過言ではなかった。(/。\) コロコロが何かする度、何か意

  • 心を持っていかれた…③

    春ちゃんに 質問を投げ掛けられた後、コロコロはしばらく押し黙ってしまった…。 正確には、春ちゃんに指一本触れていない訳ではなかった。いつだったか…酷く酔ってしまった時、一度だけ抱きしめた事があった。その時の感触は今でも体が覚えている。 年齢差の壁を越え、結ばれているカップルは世間には幾らでもいる。だが、自分自身にそれが出来るとは到底思えない。要は自分に自信がないのだ。 ふと、車のオドメーターに視線

  • 心を持っていかれた…②

    春ちゃんは来月で25歳になる。春ちゃんのお父さんは現在67歳、お母さんは7歳下と言ってたから…60歳か。 という事は、春ちゃんはお父さん42歳、お母さん35歳の時の子供か…なんか凄いな(^o^;)しかも一人娘✨春ちゃんのこと可愛くて仕方ないだろうなo(^o^)o 結局、朝ごはん後の雑談も会話が弾みに弾み⤴️春ちゃんちを後にしドライブデートに出発したのは午前9時ちょっと過ぎ(^o^;) 天気が良いか

  • 心を持っていかれた…①

    予定通り朝6時に待ち合わせ場所で合流したコロコロと春ちゃん。そこからちょっと予想外の展開になってしまった………(*゜Q゜*) 春ちゃんが真っ先に発した言葉に、コロコロは愕然として8秒間程固まってしまう。Σ(×_×;)! 「コロコロ、春んちで一緒に朝ごはん食べよ」🍚 「ん?…………………」 「春のお母さんがコロコロと春のために朝ごはん作ってくれたんだよ」☺️ 「ち、ち、ちなみにお父さんもいたりすん

  • 【昨日観た映画は】

    こんにちは イッチです またまた私の趣味で申し訳ありませんが、昨日観た映画のお話(今朝か) ネタばれで申し訳ありません 1970年代~80年代のゲイカップルの青春時代を綴ったお話 70年代ファッションを見て、思わず古~~~っって笑ってしまった  まあ、そこは置いといて、男子学生の賑やかな学生生活から始まり、自分の性癖を自覚しているティムがジョンに恋するという・・ 可愛くて(役者は男ぽくて可愛いとい

  • 10回目

    2016/9/21 施設に入って、息子の部屋に行くと、向かいの大きな部屋で、胃ろうから水分補給している息子が見えた。回り込んでその部屋に入ろうとすると、井上さん(仮)が『連れていくので待ってて下さい。』と言われたので、待ち合い席で待っていた。 すぐに息子がやってきて、いつもの面会する部屋へ。 部屋に入る時に、なんと息子から手作りのプレゼントをもらいました!折り紙で折ったブシニャンに、『ママへ R(

  • 9回目

    2016/9/21 施設に入って、息子の部屋に行くと、向かいの大きな部屋で、胃ろうから水分補給している息子が見えた。回り込んでその部屋に入ろうとすると、井上さんが『連れていくので待ってて下さい。』と言われたので、待ち合い席で待っていた。 すぐに息子がやってきて、いつもの面会する部屋へ。 部屋に入る時に、なんと息子から手作りのプレゼントをもらいました!折り紙で折ったブシニャンに、『ママへ R』と書い

1 2