• 美緒子さんとの初デート その12

    直接素肌に愛撫を始めた・・背中から胸にかけて、緩やかに撫で回していったが、彼女はカラダをくねらせ大きく反応し始めた。 さらに息遣いも荒々しくなってきた。 私の行為も次第に荒々しく・・・ 彼女の胸を揉みくだし始めた・・・ なぜか直ぐに違和感が・・・ 。 「あれ?・・ない?・・えっ?・・なぜ?・・ここはオッパイだよね?・・あれ?・・どこにあるの?」 心の中でそう呟いた。 乳首が見当たらず焦っていた。