• 双極性障害についての本

    Amazonのレビューを参考に、自分にとって役に立ちそうな本を選んで、図書館で借りてみた。全部で7冊くらい読んだ。 その中でわたしがよいと思ったのは、以下の2冊。 双極性障害―躁うつ病への対処と治療 (ちくま新書) 筑摩書房 本 対人関係療法でなおす 双極性障害 創元社 本

  • 「ブラックリスト」Season3

    「この番組は見なくていいか」と思っていたが、一挙に再放送していたときに、ちょっと見てみるかと録画。 かなり面白く見てしまった。 「プラクティス」の最終シーズンと、「ボストンリーガル」に出ていた人が、裏世界の大物レイモンド・レディントン役だった。 なるほど、「ボストンリーガル」のあの人だ、と思った。(「プラクティス」のほうは最初にやっていた人の印象が強いので、あーそうか、くらい。) レディントンはカ

  • 「臨床心理学のすべてがわかる本」

    史上最強カラー図解 臨床心理学のすべてがわかる本 ナツメ社 本 この本が面白いと人に薦められて読んだ。 じっくり読み通そうと思うと退屈するかも。 「1つの障害や病気につき、見開き1ページ」という感覚で、深く掘り下げるというより、広く浅く一般知識が書かれている。 はじめのほうは、臨床心理学についての概要や、臨床心理士の仕事の概要などが載っていた。それも一般的知識。 なので、通勤時とか、ちょっとカフェ

  • 「発達障害のいま」(杉山登志郎)&「アスペルガーの人はなぜ生きづらいか?」(米田衆介)

    発達障害のいま (講談社現代新書) 講談社 本 この本はわたしにとってバイブルだ。 発達障害についていろいろ悩んでいたとき、非常に感銘を受けた本だった。 もともとはある女性恩師が、臨床心理士さんに勧められた本、と言って紹介してくれた何冊かのうちの一冊だった。 この本は、発達障害の脳の器質のことも書いてあって、納得したものだった。 そういう面があるので少し難しく感じたとしても、ちゃんと読んでいけば分

  • 「看護のための精神医学」

    看護のための精神医学 第2版 医学書院 本 これも分かりやすい本だった。 「看護のための」とあるためか、本の中でも専門用語が多すぎるものは参照しなかったとあった。 平易な言葉で書かれているので、分かりやすかった。 まんなかは分裂病系と躁うつ系の病気についての説明で、そこは精神病や精神障害の人と関わりを持つことがない場合は流し読みでいいかも。 分裂病とは統合失調症ということだと思う。この部分は、「統

  • 「こんなとき私はどうしてきたか」

    こんなとき私はどうしてきたか (シリーズ ケアをひらく) 医学書院 本 この本のほうは、「統合失調症をたどる」とは違い、看護師を対象にした講演を収録したもので、専門的だ。 医師向けではないので、素人が読んでもそれなりに理解できる。 けど、看護師としての場面場面での対処の仕方というのは、「統合失調症をたどる」のほうが一般向き。 病気の理解をより深めようというには、悪くはないと思うが。 わたしが読むに

  • 「統合失調症をたどる」

    統合失調症をたどる (中井久夫と考える患者シリーズ 1) ラグーナ出版 2015-11-11 本 統合失調症について分かりやすい本だというので、読んでみた。 なるほど、よい本だった。 わたしは統合失調症の人と接する機会がこれまでにもあり、これからもときどきあるかもしれない。 一人の統合失調症の人ではなく、そのときどきで出会う何人もの統合失調症の人だ。 かといって、医療従事者ではない。 そういう人は

  • 最初と最後だけ見た2時間ドラマ

    わたしはスカパーをよく見る。 録画しておいて、あとでまとめて見る。 毎月、24日前後に次月の番組ガイドが届く。 それを見ながら、予定を立てる。 ●新しく始まるシリーズ番組で、見たいものはあるか? ●単発の番組で、見たいものはあるか? ●予定表を下書きする  ・今月までの予定表を参考に、引き続き録画するものをメモ  ・来月のガイドを参考に、新しく録画するシリーズを書き込む  ・来月のガイドを参考に、

  • 人間性の問題(アガサ・クリスティを読んで)

    アガサ・クリスティを再読中。   ちょっと前に再読したときも思ったし、2,3日前にも思ったが、この作家が好きなのは、ジェイン・オースティンと同じ理由による。 人間性についての鋭い考察に裏付けられた物語。これが魅力なのだ。 なおかつ、それを冷酷に描こうとするのではなく、愛と、そして諦めというか悟りというか静かな甘受を持って描いていること。   ミス・マープル物を読んだことがあるなら知っていると思う。

  • アガサ・クリスティの良さは、雰囲気の良さ

    年をとったからか、もう10年くらい前から新しい本をあまり読まなくなった。 これまでに読んだ好きな本を繰り返し読むのが関の山。   アガサ・クリスティは高校生くらいの頃にはまって、全作品を集めた。 集めた作品は何度か読んだ。 さすがに何度も読むと話の流れも覚えているし、犯人も「この人だったっけなー」と思い出すし、ここ10年は読んでいない。 たまにふと手にとって読んだ何冊かは別として、たくさん読むこと

  • 「スーパーガール」を見て夫との意見の相違が

    「スーパーマン」を当然知っている夫は、録画一覧に「スーパーガール」の文字を見て、「とったの?」と言った。 そこで「見てみる?」ということになり、久しぶりに2人でドラマを見た。夫が見ることはほとんどない。「チャック」と「シャーロック」以来だ。   しかし見ているうちにやがて、夫はうるさくなった。   スーパーガールが首筋に注射をされて、倒れる。 「弾丸もはねかえしてたのに、どうして注射針は刺さるわけ

  • 「スーパーガール」にテレンス・キングが

    「スーパーガール」は、「Glee」のマーリー役メリッサ・ブノワが出るというので、タイトルは覚えていた。 でも見ようとは思っていなかった。「ヤングスーパーマン」や「アローズ」など、アメリカンヒーローものって、あまり見ていないから。「バトルスター・ギャラクティカ」などSFは嫌いじゃないんだけど。 それにマーリーというキャラクターがそれほど好きなわけではなかったし。(「Glee」のセカンドジェネレーショ

  • アイシュワリヤ・ライのダンスにおけるリズム感について

    インド映画――通称ボリウッドの女優アイシュワリヤ・ライ。 今でも活躍しているのかどうか分からないが、この人は人気女優。   なんといっても美人である。 ミス・ユニバースになったこともある。 可愛らしさを兼ね備えた美人である。顔立ちは端正であると同時に華やか。   美しいだけというわけではなく、演技もこなせる。 ――演技が棒の人はボリウッドでは成功しなさそう。   往年のインド女優たちはぽっちゃり型

  • NCIS:LA Season6 (ドラマ)

    Season6は、続き物が多いなという印象。 実際に「To be continued…」となるわけではないけれど、最初のほうは前Seasonのクリフハンガーから続くヘティへの喚問や攻撃が続く。 気付いたら沙汰やみ。あれほど騒いだわりには、え?終わり?   ディークスとケンジーの仲に、ネルの将来の悩み。続いているとはいえないほどのものだけど、なんとなく続いているような――     それからSeaso

  • フーディーズTVへの惜別の辞

    フーディーズTVが4月いっぱいで放送終了というお知らせが、スカパーから来た。 ジェイコムなどでは既に終了したもよう。   フーディーズTVは好きなチャンネルだった。   料理番組が多いチャンネルだったが、わたしはあまり料理に向かない人間で、レシピの参考にするわけではなく、番組として楽しく見ていた。   だから好きなのは、外国の番組。雰囲気を楽しめるから。 日本人料理研究家の出演番組は、華やいだ雰囲

  • ヤギはけものくさい

    ヤギは匂いが強烈だという話で、それもまったくうなずける。   というのも、もう20年も前、まだチーズもワインも初心者だった頃、かっこいい恵比寿のワインショップで買ったのだ。ヤギのチーズを。 小さいのに高かった。   当時のわたしの職は時給865円のサービス業店員。 (小さいチェーン展開をしていたが、ほかの店の在籍1年のアルバイトさんがマネージャーという名称の店長みたいなものになるので、時給が10円

  • 「アルプスの少女ハイジ」に見るすぐれた演出

    昔のアニメというのはすごい。 本当の演出というものが分かっていた。   具体的に言うと、「なんでも言葉で説明するなら、演出など要らん」ということだ。   たとえば、少年Aが少女Bを嫌っているとする。 1.AがBに対し「おまえなんか嫌いだ」というセリフを言うことで、嫌っていることを視聴者に伝える。 2.AがCに「僕はBが大嫌いなんだ」というセリフを言うことで、嫌っていることを視聴者に伝える。 3.A

  • エレナとデイモン、その後

    「ヴァンパイア・ダイアリーズ」のエレナ役ニーナ・ドブレフと、デイモン役のイアン・サマーハルダーがカップルになったが、そのちょっと手前の2人の間にケミストリーがかもしだされていた頃がとても良かった、と以前書いた。 http://ss2s.muragon.com/entry/72.html   カップルになってしまってからは、ちょっと「たまらない恋のドキドキ感」がなくなったかな、と。   しかしニーナ

  • 記事本文30000文字以内と、そこから連想したブログサービスの使い勝手(シリーズ:MURAGON)

    前々々回の記事を下書きして、予約投稿!とクリックしたら、記事本文に字数制限があることが分かった。   語り出すと長いから気をつけなければいけない。   そういう制限があると知っていたら、使ったかな?   似たような内容のブログをGoogle Bloggerでやっていた。 でも断続的になりすぎて、やめた。こちらを始めてみて、こちらに移行しようと思ったのだ。 Google BloggerはiPod(+

  • 職人 vs 芸術家 vol.2

    (記事本文が30000文字以内というメッセージが出たため、vol.1から続く) vol.1 http://ss2s.muragon.com/entry/121.html 宮崎駿監督というのは素晴らしい映画を撮り、アニメの新境地を開いた。 この人には職人気質が多分にあると思う。 あれほどのこだわり、そのこだわりを妥協できない気質。たとえば、「風の谷のナウシカ」で、髪の一本一本まで丁寧に描きだしたいと

1 2 3