• 天下取り武将三人の性格(中国語版)

    ホトトギス 織田信長 「鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス」 豊臣秀吉 「鳴かぬなら 鳴かして見せよう ホトトギス」 徳川家康 「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」 若い頃は織田信長が好きでした。その後、豊臣秀吉を好きになりました。 しかし、今は秀吉と家康の性格を合わせ持った人がいい、と思っています。秀吉の創意工夫の精神、家康の待ちの精神を持った人が一番いいと思います。 杜鹃鸟 织田信长:

  • 名前を売るって怖いんだ

    不特定多数の人に対して 名前を知られ、その存在を知られる事。 今のネット社会。 情報化社会では、それは簡単な事なんだ。 昔の戦国時代。 名前を売る事も 人に名前を知られ殺される可能性のある事はその時代生きる人は、知っていたんだ。 寿命が長い若者は、考えないといけないと思うんだ。 簡単に名前を売る事。それがこの先危険な事だという事を 名前を売る事。名前を知る事。 存在を知らせ、その存在を知る事がね?

  • 志士、戦国大名、日本兵、縄文人、宣教師、源氏と平家、教祖や上人、そして弥次喜多が!

    地図で訪ねる歴史の舞台 -日本- 四訂版 帝国書院 この本を眺めると、この日本という国がいかに歴史が 長い国かがわかります。そして、今僕たちが暮らしている 同じ島国の上で様々な出来事や事件が起きていることに 気づかされます。 維新の志士が、戦国大名が、日本軍の兵士が、縄文人が、 宣教師が、源氏が、平家が、教祖や上人が、弥次さんと 喜多さんが、そして幾多の庶民たちがこの国の上を通り 過ぎていきました