• 新東宝、万里昌代、久保菜穂子、江波杏子

     戦後日本は何を目指していたのか。 新東宝『爆笑王座征服』より「上海の花売り娘」 万里昌代  江波杏子とゴッチャにしている人もいるのでは? 久保菜穂子 sings 嘆きの女王蜂 江波杏子 - 来歴・人物

  • 「稲妻」高峰秀子

     映画「稲妻」成瀬己喜男監督(昭和27年)は地味ながら何度見ても面白い映画です。   日本映画と記録はありますが、一応大映映画とタイトルの前に出ます。  浦辺粂子が母親役ですが、なかなか味があります。行き当たりばったりでずるずるべったりな母親です。  長兄と三人姉妹が父親が違うという特異な設定ですが、四人とも事情が違っていてお互い噛み合いません。  何度見ても高峰秀子ばかり気になって兄妹の関係が今

  • 憲法問題?

    戦後。70年以上の月日が経っているらしい? 自分には、良く解らないのだけれど 主に憲法9条に関する事なのだけれど 誰が決めたか、誰が書いたかしれない。この条文。 誰に対しても、大変使い勝手が良いのだよね? 戦後。 一度も改変されていない。 大変。使い勝手の良い条文? それを平和憲法と仮定する事によって だから、変える必要が無い。 そして、変える必要が無い。 その条文を厳密に決められたら、困ってしま

  • 二極化。結構。昔からあったんだ

    戦後かな?それ以前かもしれない? 戦後の話。 戦後の世界経済。 そのシステムを支えていたのは、戦前の植民地支配。その名残。 先進国のルールやシステムに加わった国は、自然と旧来の そのシステムに乗る事が出来た。 海外の安く安価な労働力を使う事が出来たんだ。 これは、つまりその時代の二極化だと思う。 例として挙げると、 海外のどこかの農園で働いた人の日給が 先進国の人が働いた時給にも満たない。 そんな