• 1世と2世を差別しない文化

    rei-happyさんからサンクチュアリ教会ではなぜ、家庭連合と違って、2世と1世の祝福を1世家庭として扱うのかとの質問を頂きました。 コメント欄ですでにお答えしたように、お父様がこの地にもたらされた神様の血統を守るのが重要であり、人間の事情によって勝手に「2世+1世=2世」との公式は作れません。 それと同時に重要なのは「1世と2世を差別しない文化」です。原理的には1世と2世とは大きく違います。だ

  • 遠距離カップルの場合

    問)国際カップルで夫が別の国にいる場合、妻が動画により聖酒式、祝福式祝祷を写真で受けても、夫は聖酒を2月13日までに飲んでいなければならないか? 答)これは写真祝福に対する夫の了解がある場合ですので、夫が2月13日までに飲む必要はありません。(もちろん、本人が飲むことを希望するなら、送ってあげるのが良いでしょう。) 問)子供は動画を見なくても聖酒だけ飲ませる形でも良いか? 答)はい、よろしいです。

  • 相対の了解があれば、写真祝福も可能です。

    問)私はすでに受けました。妻も亨進様を受け入れておりますが都合がつかず妻は写真で受けました。妻は改めて聖酒を飲まないといけませんか? 答)いいえ、奥様の了解を得ての写真祝福でしたので、それ以上必要ありません 問)あと私には大学生と高校生の2世の独身の子供がいますが基元節の時に所属教会で一緖に聖酒を飲んだと思いますが、この子達も改めて聖酒を飲まないと1世になってしまうのでしょうか? 答)はい、天暦1

  • 偽基元節で飲んだのはサタンの血でした

    問)統一原理においては、堕落とは、特にサタンとの関係においてはサタンと霊的性的関係を結ぶことを意味しています。喝海舟さんへの回答を読むと、どうもそういうことではなく、方向がサタンの望む方向に向いたと言っておられるように思えます。サンクチュアリ教会の、「堕落」の定義は、統一原理の定義とは違うのでしょうか? 答)ご質問ありがとうございます。この質問を読むことによって、喝海舟様への答えが十分でなかったこ

  • 偽基元節の堕落と「戻る祝福」

    天基7年天暦1月6日(陽2016年2月13日)に予定されている「真のお父様の権威に戻る祝福」が近付くにつれ、これに関連した多くの質問を受けています。特に、だれがこの祝福の対象となり、受けない場合にはどうなるのかに関する質問が主です。 それらの質問に一括してお答えする目的でこの記事を準備しました。 1.偽基元節の悲劇 天基4年天暦1月13日(陽2013年2月23日)に行われた偽基元節はアダムとエバの

  • え?本当ですか?1世も?

    今、多くの方から頂いている質問です。 問)ご聖和後に初めて祝福を受けた2世だけでなく、すべての1世も、2月13日までに「真のお父様の権威に戻るための祝福」を受けないといけないという内容の掲示物を見ました。本当ですか? 答)現在、ご聖和以前に行われた祝福式を通して祝福を受けた1世が、「真のお父様の権威に戻るための祝福」を受ける場合、祝福後の40日聖別期間と三日行事のやり直しは必要ありません。 この恩

  • 難を免れた家庭

    質問受付専用メールに届いだ質問です。 問)サンクチュアリの先輩家庭からは基元節のお母様の祝福式により二つの主人に仕える祝福家庭となってしまった。ゆえにお父様の権限に戻る聖酒式が必要になった。とお聞きしました。では、基元節のお母様の主管する祝福式に参加してない祝福家 庭の見解が分かりません。祝福家庭全員が祝福式の対象のように伺いましたがこの場合も対象者になるのでしょうか? 答)天基4年天歴1月13日

  • 喝海舟の敬天清話での問答

    喝海舟の敬天清話ブログに「サンクチュアリ教会に謹んで質問申し上げます」と題する記事が掲示されました。記事でいただいた質問は、該当ブログのコメント欄で答えました。しかし、考えてみると、そのブログの読者以外にも私の回答内容に関心を持つ方がいらっしゃると思うようになり、回答内容を中心にこの場に転載することにしました。 以下、2015年4月5日にサンクチュアリ教会を訪問してくださった方の質問(簡略引用)と