• 書籍:「テンパらない技術」

    この本も図書館で借りました。内容は、「テンパらないようになる方法」を書いているのではなく、テンパったときはそういう状態か、そして、そうならないようにするには、日頃、どのような行動や態度をとればよいのか、何に気をつければよいのかを書いている本です。書いてある内容は、「ゆっくりと深呼吸をする。」など一般的なことが載っていて他の心理学系の本と同じような内容です。

  • 書籍:「トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術 」

    この本も図書館で借りました。内容は、レポート、企画書など文章を整理し完結に1枚で仕上げる解説書です。しかしながら、1つのテーマについて書かれている文章は、回りくどく、言葉が長いです。この本のページ数を稼いでいるように思えます。1枚とは言いませんが、もっとすっきりした文章にすればいいと思います。

  • 書籍:「絶妙な速メモ(速記)の技術」

    この本も図書館で借りました。内容は、一定のルールに基づき省略して問題の無い文字などは省く基本的な速記方法を解説しています。、メモは自分のためなので、ここに書かれてある方法をすべて自分の仕事に取り入れる必要はないと思いますが、この本の中で1,2つ使えそうなものがあるので役に立ちそうです。

  • フィットネス + ゲーム技術 Fitness + game technology

    フィットネス + ゲーム技術 Fitness + game technology Fitness + Spieltechnologie Fitness + technologie de jeu Revolutionizing the fitness sector with game technology: Sphery specializes in game-based, personalized

  • 基本中の基本

    様々指導論はあると思いますが、 変わらない、不変な基本があると信じます。 その基本をベースに その基本の先に応用があり、オリジナルがあり、 新しい技術の進歩があると思うのです。 カットサーブを打つ前の左手の手首、 これが全てです。 我がジュニアのコーチは、この手首の重要性を語ります。 とても大切にしているのです。 ここから全ての技術がスタートするのです。

  • SONYのカメラが気付かせてくれたこと

    こんにちは。 インドビザがやっとおりまして、 やっとインドに行けることが決まり、 今から計画を立て始めようと思ってます。 この旅最後の国は なんの縁もゆかりもないインドに行くことに決めました。 母親にインドだけは行かないでと言われ、 行かないと約束してたんですけど。 タイミングが来たので行くことにします。 もちろんちゃんと気をつけます。 今日書きたいことはこんなことではなくて。 特定の国で思ったこ