• 病院受診の日。 主治医の先生から「できるだけ外に出るように」とアドバイスをいただきました。 私も人の視線が気にはなりますが、ずっと家にいてはいけないと自覚はしているので、買い物や運動など毎日外出するようにしています。 まるで初めておつかい行く子のように緊張することが多く、動悸や発汗もたまにあります。 再び教壇に立てるのは、まだ先かな…。

  • 昨夜、布団に入ると妻が泣いていました。 「大丈夫?」と聞くとうなずいていました。 自分が原因なんだろうか、考えれば考えるほど苦しくなるので手をギュッと握りました。 支えなければならない人に支えてもらっている申し訳なささ。 いつもありがとう。心配ばかりかけてごめんね。

  • 朝から頭皮がヒリヒリ痛みましたが、バンダナを巻いて一日頑張りました。 バンダナの隙間に指を突っ込んで抜こうとしたこともありましたが、「ダメだ」とストップをかけることもできました。 入浴する時も寝る時もバンダナは外せません。 妻の目も気になってしまうので、バンダナを巻いているのが一番気が楽です。 いつかこのバンダナがなくても生活できる日が来るといいな…。

  • なぜ人の目がそれだけ気になるのか…。 中学生の頃、私は抜毛症を発症しました。 と言っても、今よりマシで小型の円形脱毛程度のハゲでした。 それでも恥ずかしくて親にも友人にも言えず、私は毎日黒の絵の具を塗って登校していました。 顔や服が黒くなったら適当にごまかし、休み時間はいつもトイレの鏡で異変がないかチェックし、毎日が苦痛だったことを覚えています。 その頃から、人の目に過敏になっていたのかもしれませ

  • 妻と一緒に近くの公園へ散歩に行きました。 今すごく緑が癒されます。 最近、また髪を抜いているので頭皮がひりひりと痛みながらでしたが、たくさんのパワーをもらえた一日でした。

  • 朝起きて「やってしまった」と後悔。 また前髪をごっそり抜いてしまいました。 しばらく前髪のない毎日が続きそうで、外出したくない引きこもりモードになってしまいそうです。 4年前に6年生を担任していた時、卒業間近に前髪を抜いてしまい、卒業式は散髪に行けなかったことを思い出しました。 休養しているため、隠す必要がないので気は楽ですが、前髪がないのが一番ダメージ大きいです。 主治医の先生から「できるだけ外

  • 女優の川島なお美さんの訃報をニュースで見ていて、妻が「誰に何を言われてもいいから、お互い悔いのない人生送ろうね」と言ってくれました。 朝から妻にパワーをもらったおかげで、今日も髪を抜かずに一日を過ごすことができました。 いつもありがとう。妻に感謝です。

  • 昨日は前任校で同僚だった先生のお家へ行ってきました。 話を聞いてもらえて「頑張ろう」という気持ちになれました。 また教壇に立てる日が必ず来ると信じて頑張ります。

  • 朝起きて枕横にたくさんの毛が落ちていました。 すぐに頭を触ってみると、左側頭部がひりひりするのと、左手親指のまめが痛むのが分かりました。 200本ぐらい抜いてしまったようです。 昨夜もタオルを巻いて寝ましたが、暑かったためか途中でタオルを取ってしまったようです。 悔しい思いでいっぱいでした。 コンタクトを付け鏡で確認すると、やはり左側頭部にぽっかり穴が開いたように髪がありませんでした。 けれど、抜

  • 秋風を感じながらドライブしていると、小学校の前を通りかかりました。 同僚の先生は自分のことをどう思っているのだろうか、保護者は、子供たちは…復帰はできるのだろうか、他市で講師として復帰するか、全く違う職種で再就職しようか…こんなことばかり考えて、何のためにドライブしているのか分からなくなってきた時に、真っ赤な彼岸花が目に飛び込んできました。 「もう考えなくていいよ」と彼岸花に告げられた気がして我に

  • 昨日はネットでハローワークを検索していました。 「いつか復帰できたらいいな」と思う反面、「復帰できないかもしれない」と不安になることも多くあります。 昨日はそんな弱い自分が出てしまいました。

  • 久しぶりに妻とアウトレットに行ってきました。 シルバーウィークということもあり、すごい人。 誰も自分のことなど見ていないと分かっているのに、みんなからジロジロと見られているような気がして、動悸、発汗…滞在時間15分でギブアップでした。 まだ自分には早いようです。情けないです。

  • 妻が風邪をひいてしまいました。 毎日私を支えてくれているので今日は支えてあげようと思いました。 クックパットを検索し、風邪によく効く湯豆腐を作りました。 いつもありがとう。早く元気になってください。

  • 今日は妻の帰りが遅くなるため久しぶりに思い切り遊びました。 お金も少し使ってしまいましたが、ストレス発散できました。 頭に何度か手がいき、髪をつかみそうになりましたが、抜かずに一日我慢できました。 最近抜かない日が増えてきたので少し希望が出てきました。

  • 今日は病院に行ってきました。 いつもは主治医の先生に緊張なんてしないのに、目が合わせられず汗も止まりませんでした。 頭痛が続いていることを伝えると新たに頭痛薬を出してくれました。 もう何種類も薬を飲んでいます…。 睡眠時間が短くなっていることも指摘されました。 妻の生活に合わせなくてもいいというアドバイスでしたが、妻が家で仕事していたり朝出勤したりする時に寝ているのは申し訳ないです。 主治医の先生

  • 頭痛がなかなか治まりません。 飲んでいる薬と関係あるのか、明日主治医の先生に聞いてみようと思います。 頭痛がひどい時は横になります。 何も考えず、考えてはいけないと自分に言い聞かせ、一人で泣いている自分がいます。 早く楽になりたい、こんな今は嫌だ、叫びたいことはいっぱいあります。 自然と涙が出るのです。本当に情けないです。

  • 同期の先生から「元気か?」と連絡がありました。 返事をしようとしましたが、手が止まってしまいました。 そして髪をたくさん抜いてしまいました。 抜く時に力を入れる左手の人差し指のまめが痛いです。 自分はなぜ今休んでいるのだろう、復帰できるのだろうか、不安でいっぱいで何もできず、ただ妻の帰りを待っていました。 返事はまだできていません。

  • 今日も髪を抜かず一日過ごせました。 買い物にも出かけたのですが、鏡を見かけるとまず頭をチェックしてしまいます。 外出する際は普段、黒い粉のようなものを振ってごまかしているのですが、毛がない部分が広いのでどうしても隠しきれず頭皮が露わになってしまいます。 鏡でそんな頭皮を見ると、「他の人にもこう見られてるのか…」と恥ずかしく、体が熱く汗も出てきます。 できるだけ頭を見られないようにバタバタしているの

  • 今日も髪は抜かずに一日過ごせました。 寝る時もお風呂に入る時もタオルは巻いています。 5分に一度は「抜いてはダメ」と言い聞かせています。 こんな自分がなんだか悲しくなる時もありますが、今は抜かない日を続けることだけを考えていきます。

  • 今日は妻と隣町へ弁当を作ってドライブに行ってきました。 公園で弁当を食べ、雑貨屋、和菓子屋、豆腐屋、カフェなど回って楽しい一日でした。 やはり週末は安心して休めます。 近所の人、出会う人など一切気にせず胸を張って休めるような気がします。 妻のおかげで今日は1本も髪を抜くことはありませんでした。

1 2