• [掌編・3分間]

    夜の闇が嵐を抑えている。 天気予報通り、今にもポツリと来そうな夏の夜、恵里佳は夫の帰宅を待ちながら、携帯電話のサイトからいくつか着メロをダウンロードした。 夫は今夜も残業である。一人の夜を過ごすのに、DVDもマンガも見飽きていた。 無料試聴型のそのサイトには投稿者が投稿した、最近流行りのJ-POPから洋楽、演歌、童謡、軍歌まで、 様々な曲が月額利用料を払うことでダウンロードできる。 投稿者の好みで

  • [あらすじ:掌編・3分間]

    夫の帰りを待つ主人公の、3分間の淡い心を1000字以内で書いてみました。(2009年に書きましたので、デジタル面など御容赦を(笑))。