• 完全教祖マニュアル - 宗教の本質はむしろ反社会性にこそある

    完全教祖マニュアル(ちくま新書) あらゆるシチュエーションを実践的に解説した本邦初の完全宗教マニュアル 宗教の本質というのは、むしろ反社会性にこそあるのです。 架神 恭介&辰巳 一世 (著) パンクで、シニカルで、ニヒルで、 めちゃめちゃ面白い本でした。 宗教をこういった視点から語っている本は なかなか無いと思います。 宗教を完全にビジネスとして割り切って解説していましたが、 逆説的に人間の心の内

  • 志士、戦国大名、日本兵、縄文人、宣教師、源氏と平家、教祖や上人、そして弥次喜多が!

    地図で訪ねる歴史の舞台 -日本- 四訂版 帝国書院 この本を眺めると、この日本という国がいかに歴史が 長い国かがわかります。そして、今僕たちが暮らしている 同じ島国の上で様々な出来事や事件が起きていることに 気づかされます。 維新の志士が、戦国大名が、日本軍の兵士が、縄文人が、 宣教師が、源氏が、平家が、教祖や上人が、弥次さんと 喜多さんが、そして幾多の庶民たちがこの国の上を通り 過ぎていきました