• 電車で見かけた光景

    電車に乗り、ふっと周りを見回すと 親子がいました。 お母さんと娘さん二人 娘さんは、小学生低学年くらい 電車の中は混んでいませんでしたが 座席は空いていない まあ、すぐだから。 そんな中 あれ? お母さんが座り娘さんが立ってる そこで、ジャッジ これって… あなたはどう思いますか?… そう、正解! 良く、子供に座らせる親を見かけますが 本当は、子供が立っていていいのです。 立場を変えて考えて見ると

  • 自分が正しいという思い込み

    事実として自分が正しいとしても、自分以外の人が自分と考えていることを正しいと思うかどうかは別。 自分の正しさを解釈として正しいと相手にも理解してもらうにはどうすれば良いのだろうか。これを考えなければ人に考えは伝わらない。 伝わらないというのは、伝わることがあるかもしれないけどたまたま伝わっただけでいつも伝わるとは限らない。相手がどこまで認識してるのか、その波長を汲み取る。どのステップでつまずいてる

  • 小学生になって初めての宿題です♪

    さてさて  唯子さん ゴールデンウィークの5連休も 残りあと1日です パパのところで楽しく過ごせたでしょうか? ゴールデンウィーク明けからは 小学校では時間割どおりの授業が始まったり 火曜日からは5月末に予定されている運動会の練習が始まったりと 急に忙しくなります 3連休しかなかった わたしは 一足先に通常の生活に戻りましたので 考えることは これからの唯子さんの生活についてです 先日の焼肉パーテ

  • <先生と呼ばれて・・>

    TVやマスコミで<先生>と言う言葉が頻繁に出てくる・XX大学教授~▲▲医師と紹介すれば済むのに・・ 小生は厚顔無恥な人種ですが<先生と言われるほどの馬鹿でない>と自負している。  水商売では、一見の来客には<社長~先生>と呼べば無難と教育しているらしい・・ 小生は30歳頃・クラブにめり込んでいた時期があった。 零細企業のトップだったのでで <社長>と呼ばれるのは違和感がなかったが <先生>は、見え

  • <その一言が・NO2>

    道灌山学園のHPを、拝見して・・ 創立者・高橋系吾先生の・・素晴らしさに感激した。  数々の言葉に味わいがある・・ <仕事のやりかた>  今日の仕事を 明日にのばすな 今の仕事を  後に延ばすな  これを守ると 仕事に追われることなく 仕事を追うことになる・・ 小生は早とちりの利点を生かし・・同様な手段で仕事をこなしています・・以前は多忙のためでしたが・・最近は体調が不安定なのが要因です。

  • <その一言・・>

    集会所のラウンジの壁に、1枚の紙が貼りだされていた。   先日のカラオケの時に気がついたが、周囲の視線もあったので遠慮して、先ほど写してきた。   <そ の 一 言>   その一言で  励まされ  その一言で  夢を持ち  その一言で  腹が立ち  その一言で  がっかりし  その一言で  泣かされる  ほんのわずかな一言が・・    不思議な大きな力を持つ・・  ほんのちょっとの一言で 短い文節

  • <奨学金を返せない>

    書籍名~  奨学金が日本を滅ぼす 著者~    大内裕和 さん~中京大教授・・奨学金研究の第一人者  発行所~  朝日新聞 いまや大学生の半数以上が奨学金を借りている。  多い人は600万円もの借金を抱え、卒業後に返済で困窮する。  授業料が高く親世代の収入が減ったため、  子世代は奨学金とバイトが頼みの綱。  * <無理せずに高卒で働けばいい?>    ● 多くの専門職(<保育士他>で、短大・大

  • 学校で教えてほしかったこと

    いつもあ~これいいなぁ♡ とか これってすごい!(^.^)/   とかブログに書いています 自由になんでも書いちゃうブログなので いつもつながりなくて、なんでもありなバラバラなブログですみません 今日は、意見!・・・いえいえグチかなぁ メンドい方はスルーしてくださいm(__)m 学校で教えてほしかったこと その1 人は、人間は、間違えるし、失敗するから 「間違えたり、失敗したりしても またやり直せ

  • <合格者の総数は、何人なの>

    毎朝<予備校・学習塾>のチラシが、大量に入る。  週刊誌等でも、<東大・京大他>合格者ランキング・・が競っている。  高校~大学のトップ校への合格者ランキングは、公立校では60年前・小生の時代とあまり変わっていない。  疑問なのは、多くの予備校の合格者数を合計すると定員の数倍になる・・ 一人で数校~数学部に合格する人もいるだろうが<東大~京大>などでは倍になるのは、おかしいのでは・・    複数の

  • <文化祭とは・・。

    書籍名~  必ず盛り上がる文化祭ガイド 著者~    森 俊二 さん~ :埼玉・県立高校 ・ 尚美学園大学非常勤講師  望月 一枝 さん~ 日本女子大学客員教授  内田  理 さん~ 埼玉・県立高校 ・ 埼玉大学非常勤講師  発行所~   学事出版 はじめに・・ 文化祭の盛り上がりが学校を変える~文化祭で育まれる<シティズンシップ>  小生には・・何のことやら分からない。  <市民性や市民権>と訳

  • 数量の実感(2) 2016/10/19

     今日が最後の日になると思って生きることのすすめをよく聞く。しかし、現在の日本では、多くの場合、今日死ぬことはない。日本人の平均寿命を日数で表すと、約30000日である。実際に、死ぬのはこのうち、1日である。よって、今日死ぬ確率は、約1/30000(0.003%=0.3ppm)と推定できる。また、1年間の死亡者数130万人は、1日あたり3600人であるので、人口あたりの一日の死亡者数は、3600/

  • 正しい日本語・適切な日本語     2016/10/07

     日本は、明治初期、互いに出身藩の言葉を使い、通じなかった。薩摩、京、江戸、東北、等の言葉が入り乱れていた。その数は300に上った。しかも、身分や性別、年齢によっても違い、人の数だけ言葉があるようなものだった。これでは、軍隊の命令も出せず、経済も成り立たず、学生や研究もできず、富国強兵は成り立たなかった。  日本語ひらがな化計画やローマ字化計画、英語化計画などが出た。英語には、過去形の不規則変化を

  • 不安なこと  2015/08/06

    1.学校教育で、暗に、自衛隊員として使える国民を増やすような授業をさせる政策が打ち出されること。  戦争への動きが、国民に伝わってしまうくらいあからさまになって久しい。ゆっくり、隠密に進められないほど、何かしらの事態に対して焦っているのか、世論など気にしていないのか。  すでに、愛国心を育む道徳教育の推進は、行うことが決まっている。だから、私は、心の次は体だろうと推測した。現在の若者の身体機能は(

  • 今も昔も変わらない 「哀しみ」

    日本の大学受験の在り方が変われば、社会で受け入れる会社側も喜ぶし、送り出す中学・高校も実質的なあり方に集中できるのかもしれない。しかし。 私の予備校時代、大学から西洋史学科の教授が世界史の講義に来ていた。とても楽しかった。日本の大学で西洋史学科を持つところは限られた。古代オリエントも逸話も含め、物語であった。聞き入っていると。 突然、ある男の受講生が発言した。「先生、受験に直接関連した話に限定して

  • ヤングアメリカンズ!‼夏ツアー

    年に一回の大イベント ヤングアメリカンズ夏ツアーが告知されました‼ 広島で参加してからボランティアスタッフにどっぷりつかり 去年から名古屋に参加してます 本当にすごいイベントだから!‼ 人気の会場では数分で完売するほどの大人気 としか説明できないのがもどかしいし、 なんですごいのかも実はよくからない… 本当にこれだけは体験してもらわないと! ボランティアスタッフなので また始まるのか~💧大変だな

  • つぶやき 68   助詞と日本人の感性

     昭和の国語教育で、助詞を指導するときの定番のような教材があった。 小学校高学年から中学生によく利用された。  次の俳句を呼んであなたの考えを述べなさい。 1 米洗う前を蛍の二つ三つ 2 米洗う前に蛍の二つ三つ 3 米洗う前へ蛍の二つ三つ  中学生の場合は、これだけで考えを多く発表できるが、小学生の場合は意見をまとめるためのヒントが必要であった。 1 私の前を電車が(          。) 2 

  • 「名こそ惜しけれ」その2

    著書『この国のかたち』で,近代日本の国家的発展を支えた精神構造のルーツを坂東武者に求めたのは司馬遼太郎だった。彼は、「はずかしいことをするな」という坂東武者の精神は日本の非貴族階級につよい影響をあたえ、一部のすがすがしい日本人の中で今も生きていると指摘した。 事実、明治維新以降、欧米列強のアジア植民地化は熾烈を極めた。脆弱な国家体制の日本を救ったのは、郷士や下級武士だった階層の滅私奉公であった。彼

  • 彼の教育

    俺とセックスすることより、俺が毎日帰ってくることの方がすごいと思う、大事なこと と言われたことがあった 以前の彼女とは同棲してたけどお泊まりもあったようで…確かに毎日、どんなに喧嘩しても、別れ話になると分かっていても、言い訳はするけど逃げてはない、帰ってくる それって、すごいのか?行くところがないだけでは?実家は職場から遠い、ココが便利なだけだろ? でも彼の中では凄いことなんだろう 今までの、女遊

  • つぶやき62    花咲か爺さん

     今は昔、ある公立学校の研究発表会に参加した。九時からの受け付けであつたので、私は八時四十五分に校門をくぐった。  私はびっくりしてしまった。ちり一つない校庭に心地よい散水が朝のさわやかさを演出して、校庭のあちこちの庭園に季節の花が咲き乱れていた。  私はこのすばらしい環境の学校にびっくりしたのではない。たまたま、数日前にこの学校に用があって訪問した。その時には季節の花はもとよりその苗木さえもなか

  • コント49    幽 愁 3

     健一は市内の出身地の有名校に10年ぶりに帰ってきた。  健一は少しだけ明るさを取り戻した。新たな気分で教育の仕事に取り組んだ。そして、休みになるとへき地の学校から市内の学校へ転任してきた級友や先輩を訪ねては話にふけった。  「どうか、今の相場はこれぐらいか。」と、片手を出した。  彼らは、決まって片手を出した。中には両手を出す級友もいた。  健一は、勿体をつけて「まあね。」と笑った。   初任給

1 2 3 4 5 ... 6