• 文法研究⑥

    またまた前回の続きで助詞、助動詞でよく出る、用法が複数ある言葉の識別です。 今回は、「れる、られる」と同じように助動詞でよく出題される「ない」の識別です。 しかし用法は1つしかありません。 ①否定‥打ち消しの意味   例)今日は、塾には行かない。 では、何と見分けるのかというと、形容詞の「ない」と見分けるのです。 形容詞           例)机の上には、本がない。 違いがわかりますか?意味の上

  • 文法研究⑤

    前回の続きで助詞、助動詞でよく出る、用法が複数ある言葉の識別です。 今回は、助動詞で一番よく出題される「れる、られる」の識別です。 用法は次の4つです。 ①受け身‥何かされる 例)犬に足をかまれる。    ②尊敬 ‥敬語    例)先生が話される。 ③可能 ‥~できる  例)あの山を登れる。 ④自発(じはつ) ‥自然発生の略語(心情のこと)            例)ふるさとが思い出される。 この

  • 文法研究④

    文法①~③で品詞の識別について記事にしてきましたが、今回は助詞、助動詞でよく出る、用法が複数ある言葉の識別について書きたいと思います。 助詞の数は細かく分けると50近くあります、しかし、用法の違いの識別はなんとなくできるものが多いので、一番よく出題される「の」をしっかり学習しておけばいいのではないかと思います。 一方助動詞は数が13と少ないのですが、識別しにくいものもあるのでできれば全て、あるいは

  • 文法研究③

    品詞の識別の最後になります。 前々回の「助詞と助動詞」、前回の「接続詞、感動詞」そして「名詞」、「動詞、形容詞、形容動詞」と見てきましたので残りは「副詞、連体詞」です。 「副詞、連体詞」は修飾語になります。何を修飾するかで種類が分かれていると思って下さい。 連体詞は体言(名詞)を修飾します。例を次に書きます。 大きな ➡ ねこ  この ➡ 家  ある ➡ 国       名詞       名詞  

  • 文法研究②

    品詞の識別の続きです。前回は、全10種類ある品詞から付属語である「助詞と助動詞」を見分けられるというところまででした。 後は、残りの8種類の品詞、(「名詞」、「動詞、形容詞、形容動詞」、「副詞、連体詞」「接続詞、感動詞」)の見分けです。 この中で「接続詞、感動詞」は見た瞬間に識別できます。 なぜなら、「接続詞」はつなぎ言葉(しかし、だから、つまり等)だし、感動詞は感動や驚き、応答を表し、他から離れ

  • 文法研究①

    今回は品詞についてのお話をしたいと思います。 学校によってはあまり入試問題に出なくなっていますが、簡単に問題を作れるので、点数調整などで作問する可能性が高い分野だと思うため、やはりしっかり準備しておくべきだと思います。 品詞学習の最終目標は品詞を識別できるようになることです。 また、助動詞など同じ言葉で用法が複数あるものを識別させる問題は出題されやすいので、注意すべきでしょう。 では、品詞の識別を