• 変わらない世界

    寂しさを 音楽を 孤独を 埋める 音で 人で 時間が 虚しさを 歌う 虚しくなるためではないのに 悲しくて 寂しくて 虚しい歌が 歌いたい theBeatles across the universe cover 日本語の詩は 吉井和哉 このやるせなさは どこにやればいいんだろう 僕の世界は変わらないだろう nothing gonna change my World

  • 怒りを込めて振り返れ

    テレビを観ない ふだん、本当にテレビを見ない あることを忘れるほど。 ゲームをするとか映画を観るときだけ。 寂しくてなんとなく テレビをつけた 久しぶりにぼーっと眺める 誰かが楽しそうにしてる 少しの間 寂しさが紛れた。 笑い声 くだらない話 ああ、そうか 最近ずっと 寂しくてしかたないんだ 必死にそれを否定しようとしてた 行動すればなんとかなると 動いて 歩いて 歩いて 寂しいのはなんでかな 1

  • しろうと

    できないことばかり見つめてても仕方ない 何が残っているか なにができるか 誰がいるか 誰とどこにいたいか そのままいろ

  • ゆっくり

    音 how to disappear completely radiohead cover 今日は静かに音を出して 静かな気持ちで過ごした 音楽が 1日中頭の中にあっていい1日だったなあ

  • 安定→不全と向き合う

    カウンセリングしてきました デイケアの、当分の間の休みを言い渡されました。 断酒の安定と ここの所の精神的不調 そしてその原因は 僕の「心の不全」トラウマです。 カウンセラーは デイケアでのアルコールプログラムより 今はとことん 自分の「衝動」と「こころのざらつき」 と対峙することを提案してきました。 おそらく僕はセックスに対して歪んだ アディクションがあります 人肌を感じている時 自己肯定がその

  • fake (I loved)

    寄りかかりすぎてもいけない 我慢しすぎてもいけない そこにはそもそも いない 繋がってるのは はるか はるか 遠い地続き 寄りかかってはいない 押し付けてもいない 寄り添って 並んで歩いてた おかしいよ て笑うかもしれない でも そういう感じがするんだ よろよろとたどり着いた先に 「姿の見えない」 ともだちが いるんだ おかしいよ て笑うかもしれない でも それで続いていくんだ

  • sleep

    よし、と 立ち上がるのは 自分の力で よいしょ と 乗り越えるのも 自分の力 ただ横に 誰か なんとなく いてくれて いつも通りにしてる あいさつをして それぞれ靴を履く 起き上がるのも 乗り越えるのも 自分だけど どこかに 誰かが いつもいてくれる 見たことのないところばかりだな まだ色々行こう。

  • さよならアル中惑星(長い記事です)

    両親はミュージシャンだった。 母親はよく、母親ではなく ドレスを着た 歌手になって出かけて行った 父親は俺が生まれた時にはだいぶひどく 酒に蝕まれていたので 月の半分くらいしか音楽の仕事がなかった 結婚前は2人ともそれぞれが 音楽で食べていたらしい 生まれたところには 楽器 音楽が 初めからあった ギター、ベース、ピアノ、大量の楽譜 ピアノを弾き 歌を歌う母が怖かった 父親が何者なのかわからなかっ

  • 我執と融通無下

    しなやかさ。 自由を。 そうありたいと思ってたけど どこまで行っても自分自分で 怒ったり泣いたり間違えたり それでいいような気がしてきた それが人間じゃないかって気もする 人間らしくなろうとして 「融通無下」とか思ってたけど 仏じゃんね、 人の生き方は もっと生臭くて 下手くそですよ そういう人に惹かれるんだし 我執、大いにいいんじゃないか。

  • spell

    おはようございます。 「大前提」 僕はそうなってから どんなに精神的、肉体的に辛くても 飲酒に繋がる気持ちは強くなりません 「なんで人を殺してはいけないの?」 僕はそんなふうに考えたことはありません 「大前提」だから。 辛い 苦しい 痛い 悲しい 「なんでお酒を飲んじゃいけないの?」 僕にはもう 飲まないこと それは 「どうして人を殺してはいけないか」 と同じ 言うまでもないこと。 「大前提」 人

  • you said

    ここ数日気持ちが穏やかだ。 そんな時 この人はそういうふうに思うんだ。 自分とは違う考え方の人 違う世界を見てきた人の話が とても心地いい なぜだか勝手に 自分のことを肯定できる

  • ブログを読む

    おはようございます。 眠れなかったので 早くドトールに来て このブログの書き始めの頃の記事を読んでました。 大丈夫。 10月と比べたら しっかりと進んでるな。 いってきます!

  • 酔い覚め(長い記事です)

    ここの所 精神的な不調がひどい 記憶している中で一番酷かったのは 10代後半の頃。 薬の量もとても多く 記憶が抜け落ちているところもあるくらい ただそれだけ薬を飲まなければ 生きてこれなかった。 離人感。 自分の感覚が希薄になり どこか他人事のようになる 意識が離れていく 20代 酒を飲んで酔うことを活用して 調子は安定していた 社会的にも、僕が精神的な問題を抱えているとわかる人はほぼいなかったよ

  • nude

    おはようございます。 眠れないで朝 でも今朝いいこともあった 話してて そうか 俺のことは、他人がわかるはずないし 他人のことは俺にわかるはずない たとえそれが苦しみでも、喜びでも、病でも。 もう、おれはおれでしかなく、 おれでしか生きれないんだ。 少しだけスッキリした。 わかってもらえなくても わからなくても そんなのが普通で 自分がなんに苦しもうが 興じようが 他人のどこがいたもうが 思いやる

  • 222ways (too sick to choose it)

    はじめに この世はクソだ 断酒222日目。 初めの三、四ヶ月は 断酒して体が回復したり 新しいことをはじめたりで あっという間。 「実感する回復期」 今はどうか 先の見えない真っ暗な黒 元々持ってたもの ただ「酒」と「処方薬」「セックス」 の乱用で 誤魔化してきただけ。 いまそれをやめて 生きてる どうか クソつらい ほんとに 生きるのは この世は クソだ でも 生きてかなきゃいけないんだろ 「麻

  • (if)I’m not the only one

    春。 桜は好きで、少しだけ悲しい。 晴れた空みたいな 爽やかな寂しさがある。 僕は今寂しいです。 でも、どこかで誰かもきっと 寂しい気持ちをぶら下げて 桜を眺めてたりするのかな 始まりの季節 当然、終わるものも多い。 さようならと はじめまして どこに行くのも自由 そうすると つま先が どっちに 向かえばいいのかわからない おかしいよね。 僕は寂しいです。 でも 本当の意味の 孤独とは 少しだけ違

  • しらふのマスターベーション

    何をしても 息が詰まる ロラゼパムも 毎日限界まで使ってる。 なにをしても うわ滑り

  • 214日目 ブギー

    繰り返し繰り返し 「今日一日」 その先になんかあるんだろうか くりかえす虚しさ 昔から変わらない。 これからどうなるんだろうか ピッタリの歌詞の歌があって、ボイスメモに歌いながら録音した。 繰り返す虚しさ やり場のないやるせなさ それは続いてくんだろう でも そうするしかないんだろう それもわかってる ただ、そうしてるしかないんだろう。 明日は わかんない 今日も1日 じたばたするんだ それしかね

  • 傀儡

    昼にカウンセリングがあった。 その前に彼女から連絡があって、色々やり取りして 別れると言われた。 カウンセリングが始まった。 白い玉を握り 一つ一つ 頑なに閉じ込めてきた感情を興す 張り詰めた線のようにして 保ってきたなにかが 一気に押し寄せてきた 惨めで 邪で 悲しく 憎悪に満ちて ただ途方に暮れている自分に出会った 彼女のことも あれだけ苦しんでいる 心の綺麗な人を 安心をあげようと決めた人を

  • 鈍牛の足

    おはようございます。 「気が多い」良くない意味で使われる言葉です 自らの中に意識を向けてしまいがちな時は 色々な人、ものに意識を「散らして」 薄めていく作業も 必要なのかな、とか思います。 一つところに留めると結局は胸が苦しく 傷つき、傷つける。 広く、周りと、程々に関わる 大切なものを守るためにね 一見、ちぐはぐなようで こういうバランスも大事なのかも知れません。

1 2 3 4 5 ... 13