• 新聞をやめたその後

    こんにちは! 新聞をやめて何と1年半ほど経ちます。 やめて変わった事は・・ ●廃品回収が楽になった(笑) ●新聞代がいらなくなった。 ●テレビをあまり見なくなった。 ●夕方7時のNHKのニュースを見るようになった。  くらいでしょうか・・ 今のところ特に困った事もなく過ごしています。 広告やちらしなどがあるので意外に紙にも困りません(笑) 当然必要と思う物でも案外なくても大丈夫なものですね (^^

  • 子なしでも人の親に!?

    昔やったら、粗大ゴミなら海に捨ててもいいと思ってたけど、 人の親になった今、そんなことしてはいけない                      ある若い母親  昔、ちょっとヤンキーがかっていたらしいこの若い母親は、 「この子の母」ではなく「人の親」となって、と語る。 わが子の将来を案じるからではなく、この時代の子どもみなの 未来を考えて、自分の担うべき役割を意識しはじめた。 同じ保育園に子どもを預

  • 想像するちから

    絶望するのと同じ能力、 その未来を想像するという能力があるから、 人間は希望をもてる。     松沢哲郎 チンパンジーはつねに「今、ここ」を生きている。だから一瞬ぱっと目の前に示された数字を丸覚えするのは上手だが、ずっと先のことに思いをはせたりはしないので、絶望もしない。これに対してヒトは、過去や未来といった不在の時に心をたなびかせる。だから、過ぎし日を懐かしみ、後悔もすれば、行く末を案じ、祈りも

  • 国際女性デー(ミモザの日)

    昨日3月8日は「国際女性デー」でした・・・ ジャック、昨日の朝日新聞で初めて知りました、、、 1904年3月8日にアメリカで女性労働者が婦人参政権を求めてデモを起こしたことがきっかけで、1910年にコペンハーゲンで行われた国際社会主義会議で「女性の政治的自由と平等のために戦う」日と提唱したことから、同年「国際女性デー」と制定されました。  イタリアではこの日、「FESTA DELLA DONNA(

  • 女たちのかなしみ

    「なぐさめるのでも、抱きかかえるのでもなく、 互いに共有しえない闇の、 その共有しえないということの重さを共有していくこと」 働き手、母、娘、妻。 女性はつねに分断と矛盾を幾重にも負わされてきた。 だから「とり乱し」て当然なのに、 その痛みをも飼い殺すよう迫られる。 ならば逆に「とり乱し」を抑えず、 「愚かさ、弱さ、みっともなさという 負の人間性でつながっていく」ほかないと、 かつてのウーマンリブ

  • 田んぼ&生物学者からみたEU離脱

    久しぶりに散歩に行ってきました^^♪ 怠けクセのせいなのに、梅雨のせいにして、 当分歩いてなかった・・・^^; 久々に歩く景色・・・ 畑化?雑草地化してた土地、 水が入って苗が!! 田んぼになってました^^♪ 通りでカエルの歌が聞こえてくるはずです^^♪ 昔は、カエルの歌声、やかましいくらいだったのになぁ~ 今日から7月ですもんね・・・ 時の流れを感じますね~ 話は全く変わって・・・ 昨日の朝日新

  • 昔の時代は、新聞と云う物を馬鹿でも阿呆でも取っていた?

    そのような時代もあったのかもしれない? 良く解らないのだけれど? 実際。 好んで読んでいたのは、テレビ欄やスポーツ関係かも知れない 昔の時代と云う物は、 結構。多くの人が新聞と云う物を好んで取っていたんだ。 (今と比べると情報というものが少なかったんだ) その他。 新聞販売員?拡張員?の 猛烈な営業力に寄って、それは、もたらされたいたのかもしれないのだけれど 結構。 多くの人? 多くの家庭で新聞は

  • 新聞を読まないと馬鹿になるという人は、権威主義?

    今では、過去在った権威。 今では、過去に在った権威を好んで信じる自らへの他人からの評価を求める。 正確な情報を得て、それを伝える存在だと、他者に向け表現する。 それを自ら求める権威主義者だと思うんだ。

  • 今でも、ある種の人は、新聞を読まないと馬鹿になると言うらしいのだけれど?

    新聞を読まない。 新聞を読んでいる人の言っている事を信じない。 その人達の事を馬鹿にしているのかな? 良く解らないのだけれど 新聞と云う物は、 取材を行い。 人から聞いた話を人に勿体ぶって、記事として書くんだ。 タダで人から聞いた話を高く売る為にね?

  • 自分は、新聞やテレビを見なくなった

    今から数年前?十数年位前なのかな? 実際。タマにテレビは見るよ。 時間が無いので週に2~3時間位。 過去。自分はテレビや新聞を好んで見ていた。 でも、それも、今はワザワザお金を払って迄。見なくなった。 図書館や、タマに訪れる病院の待合室で見るかもしれないのだけれど お金を払ってまで新聞を取っていない。 新聞やテレビを見て迄。 得られる情報が少なくなったのが理由。

  • 当時の偏向報道や印象操作はすごかった

    これが、民主党を与党に押し上げた最大の理由。 そして、自民党を与党の立場から野党の立場へ転落した最大の理由。 お互いの立場を逆転させた最大の力。 それは、テレビや新聞の雑誌や本。マスメディアの力。 そして、その頃の自民党。 調子に乗っていた訳ではないとおもうのだけれど 非常に警戒心が無かったと思うんだ。 人気絶頂の人達が野党になるなんて事。 党内の人。誰も考えていなかったと思うんだ。 警戒心が無か