• 【Trip Advisor/ トリップアドバイザー】

          ホテル等の旅行に関することを調べるのに【Trip Advisor/ トリップアドバイザー】を使うことがよくあります。今回、トリップアドバイザーが出した本の内容を読みました。実際に外国人観光客が訪れて「素晴らしい!!」と感じた観光スポットの1位は、京都の伏見稲荷大社。まあそうだろうなあという感じです。あとは東京、大阪、京都、奈良のメインの観光スポットだけが載っています。少しメインから外れ

  • 社寺仏閣巡りの写真撮影(iPodtouchの使用)

    社寺仏閣巡りのとき、写真撮影のためにいつも使っているiPodtouchの説明です。特にiPodtouchをお勧めしている内容ではないです。 これが毎日、4から5時間くらい使っているiPodtouch6です。もう1年以上使っていますが、故障もなく気分よく使っていますが、バッテリーの消耗もとてもはやいです。当初から1日1回は充電必要です。カメラを使わず、ネットだけ見るのではあれば10時間くらいもつと思

  • お休み取れたもんねー!

    おはようございます! ぶるおかーちゃんです。 ( ̄(エ) ̄)ノ♡ ふっふっふ。 かーちゃん 14日、お休み取れましたぜぇー♡ 土曜は 出勤する子が 少ないので ちと 心配でしたが 許可が おりました! 今から めっちゃ楽しみやし! ブル飼いさんが 集まる 新年会! ドキドキ ワクワク♡ (*`艸´)ウシシシ♡ それでは 参りましょう! 本日の 坊っちゃん レポ。 【 おはよーごぜーまーす! 】 一

  • アンビバレンス!社寺仏閣巡り

    社寺仏閣巡りが好きなので図書館で地図が載っている本を借りることが多々あります。でもいつも本に載っている案内地図に対して、常にアンビバレンスを持つのです。又は、アンビバレントな気持ちになるのです。 なぜいつもそんな気持ちになってしまうのか。。先日、「古地図で歩く大阪」に載っている案内地図を見て、【泉尾神社】(いずおじんじゃ)へ自転車で向かいました。 アンビバレンス(ambivalence):ある対象

  • 【社寺仏閣巡り】 muragon 日本ブログ村について

    ブログ内容が「旅の思い出」から少しそれますが、自分は社寺仏閣巡りが好きで関西を中心に廻っています。特に神社が好きで、桜の季節に赤い鳥居を撮るのが最高にきれいと思います。 👇(産湯稲荷神社 2016年4月撮影) 👇 デジカメを持っていないので、写真はすべてこのiPodtouch6で撮っています。 これで綺麗に撮れるのは天気がいい日だけです。これを使っている理由は、軽くて内ポケットに入り、撮りたい

  • ドイツ・クリスマスマーケット大阪

                          ドイツ・クリスマスマーケット大阪 Christmas market in Osaka. The German-themed Christmas Market held at Umeda Sky Building is one of the largest events in winter in Osaka. Precious goods includin

  • 【神戸南京町】と【神戸ルミナリエ】

    【神戸南京町】は、神戸市中央区の元町通と栄町通にまたがるエリアの通称で、正式な地名ではない。横浜中華街、長崎新地中華街とともに日本三大チャイナタウンの一つに数えられ、東西約200m、南北110mの範囲に100あまりの店舗が軒を連ねる。 【神戸ルミナリエ】は、神戸市の旧居留地において、1995年から毎年12月に行われている祭典または電飾されている場所を指す。阪神・淡路大震災の発生を契機に鎮魂と追悼、

  • ゜・:,。★\(*’v`*)♪merryXmas♪(*’v`*)/★,。・:・゜

             ゜・:,。★\(*’v`*)♪merryXmas♪(*’v`*)/★,。・:・゜  #muragon #Sakamoto119

  • KAZU1000

    旅行関係の内容ではなく申訳ないです。自分の名前と適当な数字をくっつけて 「KAZU1000のブログ」としているわけですが、ネットで検索してみると 同じ名前、KAZU1000で商品が販売されていることが分かりびっくりです。 パルメザンチーズ!要するに、スパゲッティなどにふりかける粉チーズです。 変な薬でなくてよかった。。。。( ;・・) #Sakamoto119

  • 春の嵐(1)

    年が明けて、街がいつもの日常に戻った頃、俺達は結婚に向けて動き出した。 俺は、都内の会社に再就職が決まり、埼玉へと移り住んでいた。 相変わらず、毎日の電話とLINE。 話す事といったら、その日の出来事や彼女の体調の事。 そして、新たに加わったのが結婚してからの住まいと、ささやかではあるが二人の将来の事。 「ねぇ、3月の下旬になったら、あたし そっちに行くから❗」 「ん?大丈夫なんか? 地震が怖いっ