• 未来旅行 涙の理由

    ポロリと溢れた一雫のナミダ・・・悲しいんじゃなくて、哀しかったんだ・・・。 真っ暗闇の中から突然外に連れ出されて、時速270㌔のスピードでみるみる1000㌔も都会の喧騒から逃がれ体内時計を揺さぶられて・ ・・・ 心撃ち抜かれた美しい桃源郷の絶景に包まれて一夜が明け・・・また別世界の壮大な大自然に包まれたこと・・・ そして彼女は心の中で・・・ 「あと数時間で、この素晴らしい旅が・・・終わってしまう」