• 景気について お得意さんと話して思ったこと

    今日はお店を始めた頃から来てくれてるお得意さんが来ました。 それで、いろいろ話して、 何となく、今の香港の景気の状況が腑に落ちました。 この数ヶ月、僕の商売はとても景気が良く、 お茶でも、急須でも、高い物が良く売れます。 一方、手頃な価格のものが全然動きません。 例えば急須で言えば、 一個$300程度の急須はこの1ヶ月で2個しか売れてません。 しかし、1個$2000以上する急須は50個程度売れてい

  • 景気、悪くないですか?

    景気が悪いと感じているの、私だけですか? 今日のベア見たらやっぱり悪いのかなぁと思いますが。 工場を閉鎖する訳は景気ではないのです。 親会社が競争に負けて一部仕事を取られてしまったため。 閉鎖する工場はもうほとんど動いていない所だったのですが、 ついに家賃払っていられない状況になりました。 リーマンショックは自分たちのお給料を削って乗り越えたけど、 まだそれが返ってこないのに リーマンショックと同

  • 景気が良くなったかは知れないのだけれど、仕事の量は増えたのかもしれないね?

    自分は、仕事をしていないとお腹が減らない。 なので、時間の空いている時。 ご飯を美味しく食べる目的の為。 幾つかの派遣先に登録しているんだ。 以前。 「こちらから、用事のある時。連絡をします」と言っていた人が 今では、 「予定が空いている時。連絡を下さい」と言う様になった。 仕事の量が増えたのかもしれない。 自分の休日の暇な時。 たまに来るような仕事. 誰にでも出来る様な簡単な仕事の量が 増えたの

  • 職を考える背景。その時代背景

    職って云うのは、つまり食。 この先。食べて行けるか? しばらくの間?この先。一生その職に就いて生活する事が出来るか? それを決める背景って物が存在すると思うんだ。 若い人なら特にね? 過去。ある時代。 景気の良い時代。 公務員になるのは、馬鹿だって言われた時代もある。 その時代。高学歴の人が好んで、ワザワザ選んでその仕事に就く事が 馬鹿らしいと言われた時代。 給料は、安いし、面白みがないと漠然とし